投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


これからの生き方

 投稿者:神周士の会 九代  投稿日:2018年 7月21日(土)17時14分18秒 i60-41-92-58.s42.a040.ap.plala.or.jp
返信・引用 編集済
  掲示板をご覧の皆様いかがお過ごしでしょうか。
事ある毎に氏神様の所へ行ってみて下さい。
氏神様はいつでもお待ちになられています。

先日の事ですが、朝のニュースの見出しで「これからどの様な対策で災害を乗り切れば良いのか、その方法は?」という様な言葉が画面にパッと映し出されました。私はちょうど会社に行く準備をしている所で、フッと画面に目をやるとその見出しが飛び込んで来ました。

次の瞬間、いきなり大粒の涙がボロっと落ち、だから神社へ挨拶に行く様言っているじゃないかという心の底から叫びが込み上げて来て発しました。

涙は直ぐに止まり冷静を取り戻したのですが、今の感情は一体どこから来たのか、不思議な感覚にとらわれました。
もしかしたら、災害に遭われた地区の氏神様の思いを瞬間的に受け取り、発せられた言葉だったのではないかと思った次第です。

ニュースで報じられる状況を見るだけで、途轍もない事が起きているんだなと感じているのは他の方々も同じなのではないでしょうか。
まさか自分の住んでいる地域が、まさか自分の家が、まさか自分がと、色んな想いで過ごしている事でしょう。

自分の家は大丈夫だと思っていても、一度地域が冠水して断水・停電になれば家が残っていても、生活は困窮して行くでしょう。

自分達の生活が成り立っている仕組は自分達人間の力だけで形成されていると思っている人々が多いのでは無いかと最近思います。
自分達がオギャーと産まれ、育ち、誰かと出会って結婚して、生活して、子供が産まれ、子供の成長を見ながら年老いて行く、そしていずれ死をむかえる。
産まれてから死ぬまでの間と死んだ後もずーっと私達人間を氏神様は守って下さっています。

まずはこの事だけについても氏神様への感謝が必要ではないでしょうか。
肉体には一人一人に宿る神様がいらっしゃいます。宿っている神様は、一人の人間が成長する為の色んな試練を与えたりしていると思われますが、御守護を担当される方々もいらっしゃる様で、一人の人間に対して、実は沢山の神々様がいらっしゃるのだそうです。

少なからず誰にでも今迄の生活の中で危険な目に遭いそうになったとか、何かの力で助けられた等不思議な体験をした方もいらっしゃるのではないでしょうか。それらの体験は、やはりその方を守っている神様の働きによるものだと思いますが、ただ単に自分はついているとか、自分はラッキーだと思うだけでは、その内その御守護も無くなって行くでしょう。

自分を守って下さっている神様は、地域の氏神様と繋がっているのでそういう仕組が起きるのではないかと思います。

その繋がりを強めて頂くには、やはり自分が氏神様の所へ赴き、ご挨拶をする事、これが大事な事なんです。

自分が氏神様と繋がらせて頂きたいと思う心が、自分と宿る神様との繋がりを確立し、神ノ大元ノ大神様から連綿と続いている氏神様との繋がりをも可能にする事だと思います。

本来は、大きな痛手を負う所を僅かな事で済むのか、又は何も無いのか、その時にどの様に思い、そして行動するのでしょうか、どうお考えになりますか、以前神示しで、日本は神様が託す国と仰せになられました。
一人一人がどの様な行動をすれば、託される思いを受け取る事が出来るのでしょうか。

今一度真剣に考えてみて下さい。そしてなるべく早く多くの人が氏神様の所へ足を運ばれて下さい。それを神様は望んでいらっしゃいます。

また何かありましたら書かせて頂きます。
尚、内容で不明点または聞きたい事がありましたら、当掲示板に遠慮なくご質問または下記管理者までメールをお願いします。
 

日頃の挨拶は素敵な体験の始まり

 投稿者:神周士の会 九代  投稿日:2018年 7月14日(土)10時19分38秒 i60-41-92-58.s42.a040.ap.plala.or.jp
返信・引用
  掲示板をご覧の皆様いかがお過ごしでしょうか。
前回、日頃の挨拶について書かせて頂きましたが、どなたか実践してみましたか?
今回は、日頃の挨拶をする事でどの様な体験をさせて頂いたか書いてみようと思います。

職場のお昼時に伺う食堂での体験です。
食堂はご夫婦で営んでいて、値段も内容も中々良い所謂コスパが高い食べ物屋さんです。

ある日、雨が降りそうな天気でしたが、傘を持たずに食堂へ向かいました。
日替わり定食を食べ終わる頃、奥さんが玄関口まで歩いて行き外を心配そうに見ています。戸を少し開けては奥から行ったり来たり、最初は何をやっているのか分かりませんでした。

三回目に玄関口へ行って帰って来た時に、奥へ行ってゴソゴソと何かを持って来ました。
お会計となり、奥さんにご馳走様でしたと言うと、パッと傘を出して、今降って来たから、今度ここに来る時で良いから持っていってと傘を渡してくれたのです。

私はびっくりして、良いんですか?ありがとうございます。と軽く会釈をし傘を借り、雨に濡れずに会社へ戻る事が出来ました。

行ったり来たりの行動は、自分に傘がいるか要らないかを気にして下さっていたものだったと傘を渡されて気付きました。
そう思うと何だか嬉しい気持ちになり、良い事をして頂いたな、ありがたいな、ありがたいなと心の中でも頭を下げました。

日常のほんの些細な出来事ですが、これらの事も全てそこの地域を御守りしている御祭神の方々の思いがあればこそではないかと思います。
御祭神の思いとは、出掛ける前にどこそこ周辺、ここで言いましたら職場の周辺を御守り戴いている御祭神の皆様へご挨拶をしていますから、自分が行動する先々の全てを見て下さっているのだと思います。

それに、考え方によっては、食堂に行く時間、食べる時間、出る時間、雨が降るタイミングをピシャっと合わせて頂き、奥さんから傘を渡される。私はジーンと来る。色んな事を調整して戴いて、その日体験した事は起こっているのです。

自分が行動する上で地域を御守り戴いている各御祭神の皆様方がいかに大切な存在か、少しはお分かり頂けましたでしょうか。
何も起こらないにしても、何も起こらない様に守って戴いている訳ですね。


家でご挨拶するという事は、外でご挨拶をする為の練習でもあると思っています。
自分を守っていらっしゃる神々様と共に、氏神様にご挨拶する事で氏神様から気に入って貰える様な者になれれば、自宅でご挨拶する時にでも、スムーズに事が進んで行く様に思います。

挨拶が無ければ誰も動かれない又は気にされないとも言えるでしょう。

神社へは本当に不思議な事ですが、行かなくなると行けなくなるんですよね。
これは、行かないという自分の意思では無くて、神様から心を読まれて、来なくてもいいとなっているのではないでしょうか。

そうは言っても、何度でもチャレンジすれば良いんですよ、何度でも行こうとする、神様にお会いしたいという心は、必ず神様に届きますので、皆様が神社へ行かれて、自宅でご挨拶をされて、素晴らし体験を与えて戴ける人になる事を願っています。

また、何かありましたら書かせて頂きます。
 

日頃の挨拶

 投稿者:神周士の会 九代  投稿日:2018年 7月 8日(日)16時22分7秒 i60-41-92-58.s42.a040.ap.plala.or.jp
返信・引用
  掲示板をご覧の皆様いかがお過ごしでしょうか。
今月は日曜日が月初めでしたが氏神様の所にはきちんと挨拶に行かれましたか。
挨拶が大事ですよ。

東輪さん、記事を書いて下さりありがとうございます。
東輪さんが書かれています通り、一生消えない刻印を身体に付ける事も消す事もせっかく戴いた肉体に傷を付ける事ですから、安易に物事を捉えずに日頃からの神様への感謝を行って、神様から最良なものを与えて戴ける人になって欲しいと思います。

ところで皆様は、朝晩の挨拶の他に日頃どこかに出掛けたりする時はどの様な挨拶をなさっておられるのでしょうか。
例えば、家を出る前に、心の中で神様宜しくお願いしますと唱えているのでしょうか、それとも何も考えずに出掛けているのでしょうか。

私の場合、予めどこそこに行くと分かっている時には、どこそこを御守り戴いている神々の皆様とどこそこの周辺を御守り戴いている御祭神の皆様方と、自分がその日行く先々にいらっしゃる各御祭神の皆様方にご挨拶をしています。

これは、自分がその日訪れるであろうエリアを担当していらっしゃる御祭神の皆様方へのご挨拶として、エリア毎に色々な災難に遭わない様に仕組ん頂ける事と、どこそことピンポイントで呼ばせて頂く事で、そこに行った際は気持ち良く過ごさせて頂ける事と、スムーズな移動と安全を御守り戴いている事が含まれています。

心の中で神様宜しくお願いしますでも良いですが、心の中に自分が行かせて頂くエリアを想像して、そこの周辺を守って下さっている御祭神の事を想像するともっと良いのではないかと思います。

いつもいつも御祭神の方々が、守っておられるのですが、きちんと声に出して言う事も大切な事です、是非ともそういう挨拶をして頂きたいなと思います。
挨拶方法について詳しくお知りになりたい方は、下記管理者までメールをして頂くか、掲示板へお書き下さい。

神様は、一人一人が神様と繋がり、神様を敬い奉られる事を願っていらっしゃいます。
正しい祈り方、思いを身に着けて毎日を過ごすのか、自分勝手に過ごすのか、神様は一人一人を見ていらっしゃいます。

日頃からの挨拶がとても大事だという事は、以前からもお話しさせて頂いておりますが、朝晩の挨拶、何かをしようとする時に挨拶、これらは自分の現在と過去と未来を全てひっくるめた感謝の挨拶だという事を忘れてはいけません。

HPに書いてある記事を読まれ、学んで頂ければ幸いです。
ご質問等ございましたら、ご遠慮なくメール又は掲示板にお書き下さい。

又何かありましたら、書かせて頂きます。
 

(無題)

 投稿者:東輪  投稿日:2018年 7月 2日(月)21時29分22秒 sp49-98-156-114.msd.spmode.ne.jp
返信・引用
  ワールドカップで盛り上がってますね。
皆さん、気づきませんか?
サッカー選手にとても目につくこと?
特に外国選手?
野球選手にもいえること。
からだは、生まれて肉体がなくなるまで綺麗でいたいですね。
 

予言など出来ないでしょう

 投稿者:神周士の会 九代  投稿日:2018年 5月26日(土)10時12分50秒 i219-167-67-88.s42.a040.ap.plala.or.jp
返信・引用
  掲示板をご覧の皆様いかがお過ごしでしょうか。
氏神様の所にはきちんと挨拶に行かれていますか。
挨拶が大事ですから、氏神様のところへ是非行かれて下さいね。

東輪さん、地震の予言についてのご意見ありがとうございます。
私も東輪さんの意見には賛同します、大学の教授なんかで今迄の統計として、いつ頃にどこら辺で起こる可能性が高い等言っている方はいらっしゃる様ですが、これはやはり予言では無く、統計的な予測でしかありません。

しかし、この様な教授の意見を表に出して、どこどこの教授がこう言っているから、自分はこう思うなどと勝手な見解をネットに流している方々も多く居る様です。

この様な見解は、ただいたずらに人々の関心を得ようと書かれているもので、神様からの御伝えでも何でも無いと思います。

もし神様からの御伝えというのであれば、地震が起こるその場所の誰かに伝えるのではないでしょうかね、そうで無ければ、伝える意味がありません。
伝える方にいかなる力があっても、地震が起こる場所の住民を助ける事なんて出来ないのですから。

住民を助けられるのは、その場所で過去に起こった事を知らせる記録では無いでしょうか。

以前、掲示板に何度か書いた事がありますが、地球も生きています。
人間の現象的捉え方をすれば、咳をする時もあれば風邪を引く事もあると思います。
人間が咳をする時とは、風邪の前兆だったり何かの病気を知らせる為に起こりますが、地球にも同じような事が起こっていると考えれば、地球が咳をする時、人間に何かを伝える為に起こっているのかも知れないし、ただのガス抜きかも知れない訳です。

人間の身体に起こる事が誰にも分からない様に、地球で何が起こるかなんて誰にも、分かる筈が無いと思います。

ただ、一つ言えるのは、昔から人間が住んで来た場所、土地、環境、ここで過去何が起こったのか、この点についてもっともっと真剣に考えるべきでは無いかと思います。

今迄地球上に人間が誕生して、文字で記録を残せる時代に起こった事は、昔からある神社やお寺に保管されているケースが多い様です。
ここまで津波が来たよ、この辺りに住んでいた人々は、大勢亡くなられたよ、大きな惨事が起こった場所には、神社やお寺に色んな文献が残されている事が、惨事後に見つかる事は近年の九州豪雨でもあったそうです。

何度も何度も、同じ事を繰り返して命を落とす人間達に対して、神様はどう思われているのでしょうね。
神様の言葉を誰しも聞けるのであれば、どこに居ると安全とかここに居てはいけないとか、分かるのでしょうが、誰も聴く事は出来ません。
でも神様は人間を使って、記録を残させて、後世の人々に知らしめています。

残されている文献そのものが、神様の言葉であり、素直に実行するべき事では無いかと思います。
残された記録を見ない事は、せっかく神様が残された重大な言葉を無視しているのと同じ事ではないでしょうか。

予言などを聞いて右往左往している場合ではありません。
起こるかどうか分からない、言ってみれば当てにならない言葉に耳を傾けるよりも、近くの神社にご挨拶に行き、そこの土地で過去何が起こったのかを聞く事も、大切な事では無いかと思います。

神様の言葉をきちんと受け取る事が出来る人が沢山増えて行けば、神々と集い合う世界が近づいて来るのではないでしょうか。
明日は日曜日です、近くの神社に足を運んでご挨拶に行ってみてはいかがでしょうか。


これを読まれ何かご意見等ございましたら、掲示板又は管理者までメールをお願い致します。
 

予言は人間には無理ですね

 投稿者:東輪  投稿日:2018年 5月25日(金)21時21分15秒 sp49-98-51-205.mse.spmode.ne.jp
返信・引用
  あるサイトの方々が南米の地震の予言しましたが、その方が住んでる所の予言は神様は教えてくれないのですかね?
今、先ほど長野、群馬で地震ありましたね。
 

宗教関係者との出会い

 投稿者:神周士の会 九代  投稿日:2018年 5月 9日(水)07時07分32秒 i219-167-67-88.s42.a040.ap.plala.or.jp
返信・引用
  掲示板をご覧の皆様いかがお過ごしでしょうか。
ゴールデンウィークも終わり、慌ただしい日々が始まりました。
今日は5月7日、月曜日の出勤途中にあった出来事を書いてみようと思います。

朝いつもの様に最寄りの駅まで歩いていました。駅までは凡そ20分弱の道のりを十数分歩いた頃でしょうか、突然、後ろから誰か近付いて来たと思うと右横から顔を覗き込み私にこう聞いて来ました。

足はどうかされたんですか?怪我ですか、病気ですかと、私のぎこちない歩き方を見て声を掛けて来たのでしょうが、ちょっと失礼ではないかと思いながら、なぜですかと問うと、おばあさんは、手かざしで楽になりますよと言われます。

私は直ぐにああ手かざしなら真光の人かなと思っていたら、おばあさんのほうから崇教真光はご存知ですか?と聞かれたので、はい知っていますと言い、私も十数年前までそこに居ましたからと答えました。

おばあさんは驚いた様子で真光という名前の宗教団体はいくつかありますが、崇教のほうですよと言われるので、はい崇教真光に十数年前まで居ましたと繰り返したところ、そうだったんですか、でもなぜ辞めたんですか勿体無いと言ってきました。

私はおばあさんに、こう言いました。
上から下まで真っ直ぐ通った教えがないでしょう?あっちこっちで幹部が言っている事が違っていて、一本になっていないものを信仰と呼べるのですかと言うと、でも天地創造の神様ですからねと言われますので、天地創造の神様と言うのは物質世界を創造された頂点のお方でしょうから、その上にも神様がいらっしゃるとは思いませんか?そこを頂点として崇めているからおかしいのではないですかと聞いたところ、詳しくは分からないという事でした。

次に手かざしについて聞いてみました、先程手かざしで楽になると言われていましたけど、手かざしは何の為のものですか病気治しの道具ですかと聞いたところ、いいえ違いますと、病気治しでは無く霊的な汚れを取って頂けるんですよと言われますので、霊的な汚れがあるか無いかなんて誰が分かるのでしょうねと返すと返事が無かったので、こう言いました。

手かざしとは、神様が奇跡をお見せになられる為に使うようにと、降ろされたものだと思うのですが、今、真光は奇跡は起きているんですか?と問うと返事はありませんでした。

それと、現在は三代目が継がれていると思いますが、三代目から神様からの新しい啓示はありましたか?二代目の時も無かったのではないですか?結局初代の岡田さんが受けた啓示を元に今も繰り返し学ばれているだけなのではないですか?と、出ていると思いますがよく分からないとの事。

先程私の足はどうされたのかとお聞きでしたが、私はリウマチなんですよと答えると、驚いた様にああ、難病のと言われますので、私は次の様に続けました。

リウマチになったばかりの頃は、歩くのもままならない状態で動けなくなる寸前まで行ったんですよと、それが今位の状態まで回復したんです、なぜだか分かりますかと聞いたところ分かりませんとの事だったので、氏神様にご挨拶はされますかと尋ねたら、殆ど行ってませんと返答でした。

私はでしょうねと、真光は神社に重きを置いていませんから、私も真光に居た時は神社には、初詣以外行っていませんでした。でも道場へ来なさい道場へ来なさいと言われ沢山の喜捨をしていましたが、貴方も沢山喜捨していますよねと尋ねると、はいと返って来ました。

私は今、氏神様に毎月ご挨拶に行ってここまで身体が回復したんですよ、こういう回復を奇跡と言うのではないですかと言うと、まあー!っと驚いておられ、真光では道場に何かにつけ喜捨するよう言われますけど、神様がそんな事をして欲しいと思われているのですかね、私は神社に行った時でもお賽銭をしない時もあるんですよ、ただただ神様と思いを繋げさせて頂きたいという思いだからです。

私の話を聞いていたおばあさんは、話すことが無くなってしまったのか黙ってしまったので、最後にインターネットはされますかと問うと私は81歳ですからインターネットはやりませんと言われていたので、ここでお会いしたのも何かの縁でしょうからとお互いの名前を教え合って別れました。

通勤途中の僅かな時間ではありましたが、思わぬ所で現役の真光の方が向こうから寄って来て生の声を聞き、また、こちらから色んな話が出来るとは思ってもいませんでした。
しかしこれも神様の仕組まれた事なのだろうな、すごいなと朝から清々しい気持ちになりました。
神ノ大元ノ大神様、全てを戴いております。
神に、神に、ありがとうございます。

私が真光に居た時もそうでしたが、良い話しばかり聞かされて、鵜呑みにしていた事が沢山あったと思います。
一つの所に長く居ると、余程の事が無い限り生活を変える事は困難かも知れません。ただやはり宗教施設が単なるレクリエーションの場になってはいないかとこの頃思います。齢を取って来ると寂しいけど宗教施設に行くと知り合いが大勢いるから安心と、足しげく通っている方も多いのかも知れません。

これを読まれ何かご意見等ございましたら、掲示板又は管理者までメールをお願い致します。
 

カラス

 投稿者:神周士の会 九代  投稿日:2018年 5月 4日(金)12時59分9秒 i219-167-67-88.s42.a040.ap.plala.or.jp
返信・引用
  掲示板をご覧の皆様いかがお過ごしでしょうか。

ゴールデンウイークで、里帰りなされた方々は、ご自分が日頃住んでいらっしゃる近くの氏神様にご挨拶をなさり、里の近くの氏神様にもご挨拶をなされましたか?

氏神様がいらっしゃるから里帰りもできるし、仕事や家事ができるんですよ。
もっともっと、意識して氏神様の所へご挨拶に行って頂きたいなと思います。

ところで、今朝がた面白いことがあったので、ご報告したいと思います。

最近の事ですが、朝五時になると決まってカラスが鳴きだし、六時起床の私にとっては、とっても迷惑な存在でした。

仕事の時は、心に余裕がなく、うるさいカラスめ!また今日も私の安眠を妨害するのかと目覚めの悪い日々を送っていました。

ゴールデンウイークとなり、心に余裕が出て来たもののカラス達にはやはりゴールデンウイークは無い様で、相変わらず朝五時に鳴き始めます。

今朝方の事です、うすらぼんやりカラスがまた五時になると鳴き始めたのですが、フッと閃いて、寝たままの状態で、神ノ大元ノ大神様に祈り、ある言い方をしてみました。

するとどうでしょう、静かというものがこんなにも静かなのかという位にシーンと辺りが静まり帰り、カラスの鳴き声が全く聞こえないはないですか。
うとうとしながらも静かな状態が続くので、え?と、私は時計を見ていつも鳴かれる五時頃かと再度確認しました。

いつもカラスが鳴き始める五時で間違えありませんでした、でも今日はカラスが鳴かない五時でした。それからまた私は深い眠りへと入っていきました。

その後数時間して、遠くの方でカラスが鳴いている声は時折聞こえてきました。

この体験から思った事は、神様に思いが通じるとは物質世界に存在するあらゆるものと通じ合えるのだということ。
私達は、どうしても自分の尺度で物事を捉え、そして考え、目に見えるものだけを頼りに生きています。でも、本当に通じるというものは、目で見て遠い存在だとか近いとかそういう捉え方では無くて、世界のどこに居ようがあらゆるものと隣り合わせのようなもので、直ぐに思いが伝わるものではないかと思った次第です。

掲示板をご覧の皆様も、月初めや何かをなさる時など氏神様にきちんとご挨拶をなさり、神様と通じ合える方になれれば良いなと思っています。

また、何かありましたらご報告させて頂きます。
尚、質問等ございましたら、遠慮なく投稿または、管理者までメールをお願いします。
 

(無題)

 投稿者:東輪  投稿日:2018年 5月 2日(水)21時06分50秒 sp49-98-48-215.mse.spmode.ne.jp
返信・引用
  高山以来の書き込みです。
ゴールデンウィークですね、あるサイトがありまして中南米で地震があるそうですよ。
神様が教えていただけたそうです。
予言なされるのは構いませんが、なぜ、?はるか遠くの事より日本で起こる事を教えて欲しいものですね。
宗教家の皆さんお願いします。
 

(無題)

 投稿者:東輪  投稿日:2018年 4月18日(水)21時26分20秒 sp49-98-48-215.mse.spmode.ne.jp
返信・引用
  今回の高山、本当に楽しかったですね皆さん。
天候も良く、美味しい飛騨牛を満喫できましたね。
参加なされた皆様本当にお疲れ様でした。
おっと、おつかれさま、て、なんか、いままで、何かに取りつかれるから、この言葉は使わないとか、駄目とか、言われてきましたね。
本当に、嫌になりますね
言霊とか、神様が何か言ってるとか、各宗教会の皆様の神様がどれだけ縛られてるか、信者の皆様早き傷かれ早く皆様がおきずきになられることを。
 

/38