投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


お召し上がりください

 投稿者:神周士の会 九代  投稿日:2018年 3月 8日(木)21時10分53秒 i219-167-67-88.s42.a040.ap.plala.or.jp
返信・引用
  掲示板をご覧の皆様いかがお過ごしでしょうか。
前回の投稿で、お仏壇にお膳をおあげする時にどの様な挨拶が好ましいのか、一部修正をさせて頂きましたが、掲示板をご覧の皆様は実践なさってみられましたでしょうか。

修正の通りでおあげしてみたら、温もりを感じた等何かありましたら、是非投稿してみて下さい。

今回修正を加えさせて頂いたのは、御先祖の皆様に対しての挨拶です。
挨拶文中に「どうぞ皆様全員でごゆっくりお召し上がりください」という言い回しがありますが、これは、あくまでも過去に肉体を持った事がある方への思いであり、実際には召し上がる事は出来なくも、御先祖がいらっしゃって子孫が繁栄させて頂いている感謝の思いで使っている言い回しです。

日本には色んな宗門宗派、宗教団体が存在し、自宅にも神棚を祀っている方々がいらっしゃるでしょう、神棚や祭壇などに挨拶する際「おあげしたものをお召し上がりください」と使用してはいないでしょうか。

もし神様に対して「お召し上がりください」と使用しているのなら、それは改めるべきではないかと思います。
神様はお召し上がりなどなさいません。
人間の為に環境を整え、全てをお与え下さっています。
神様におあげするというのは、神様から与えられた環境で育まれたものをお与え戴きましてありがとうございますと、感謝を伝える事です。

お陰様で素晴らしいものが出来上がりました、どうぞお召し上がりくださいとは全く意味合いが違うものなのです。

神社に御奉納する献酒にしても、参拝の感謝を表す一つの物品として使用するものであり、御祭神に対してお酒をお召し上がりくださいという意味合いではありません。

くれぐれも、履き違いなされないようお気を付けください。
今回は、お召し上がりくださいという言葉の使い方について、お話しさせて頂きました。
また御伝えする事が出来ましたら投稿させて頂きます。

 

~お知らせ~

 投稿者:神周士の会 九代  投稿日:2018年 3月 4日(日)13時15分47秒 i219-167-67-88.s42.a040.ap.plala.or.jp
返信・引用
  掲示板をご覧の皆様いかがお過ごしでしょうか。
今日は、御先祖というカテゴリー内容に一部修正を加えましたので、簡単に修正内容を列記します。
まず、先日御使いの神様より御示し戴いた、神棚からの、仏壇からの心地よい温もりを世に伝えよとありましたので、御先祖のカテゴリー内<神の世界と御先祖の皆様>の項目に文言として追加させて頂きましたので読んでみて下さい。
その他に下記部分の修正をしておりますのでご確認下さい。

〇<人間の魂>の内容に、人間の身体に宿る神様がいつ頃肉体に入られるのかを追加しました。

〇御先祖様という言葉を御先祖の皆様と修正しました。
 御先祖は大勢いらっしゃいますので、皆様としました。

〇この項全般的に、神ノ大元ノ大神様から連綿、を神ノ大元ノ大神様より連綿と修正しました。
 からとは、空と変換でき、神様との繋がりが空くという意味合いになります
 よりとは、寄りと変換でき、神様に寄り近づくという意味合いになります。

〇仏壇にお供えという言葉をおあげという言葉に修正しました。

〇仏壇におあげしたものを引く時の言葉で、「お下げさせて頂きます。お粗末様でございました。」という表現は、おさげさせて頂きます。のみとして修正しました。

〇仏壇にご挨拶する際の「お食事」の用意が、という「お食事」を「お膳」、又は「お膳とお酒」という言葉に修正しました。

お供えという字は供養の供でもあります。供養という語源は仏に仕えるものに対して衣服・食物・財物などを奉げて養うこととある様に、供養もお供えも日本に伝来した仏教が用いていた言葉ではないのでしょうか。
であれば、元来日本で神様に奉げる為に用いられていた言葉があったはずです。
そこで、言葉の語源に縛られないものとして、今回、おあげする、あさげするという言葉に変えさせて頂きました。
尚、お粗末様については、以前も触れましたが神様が御造りになられた食物に粗末な物など無いという意味合いで、使わない様にしました。
修正分をご覧になり、是非実践してみて下さい。
その他、疑問・質問等御座いましたら、掲示板か下記管理者までメールをお願いします。
 

お食事とお膳

 投稿者:神周士の会 九代  投稿日:2018年 1月 7日(日)11時58分37秒 i114-189-189-159.s42.a040.ap.plala.or.jp
返信・引用 編集済
  掲示板をご覧の皆様、明けましておめでとうございます。
九代です。
今年も宜しくお願い致します。

皆様は初詣に行かれましたか。
氏神様にきちんとご挨拶する事が大切ですよ。
まだ行かれていない方が居られたら、氏神様に去年の御守護の感謝と今年一年も変わらず御守護を賜ります様にと、ご挨拶に行ってみて下さい。

今年の最初の御伝えです。
お仏壇等にお供えをさせて頂く場合の言葉とその意味についてです。
当会のカテゴリーで御先祖という中に仏壇と位牌という記事がありまして、そこに挨拶方法として、ご先祖に対して、お食事をご用意させて頂きましたとあります。

このお食事という言葉は、ご先祖が肉体を無くした後も生きていた時と同じ様に御食事をなさるという意味合いを含んだもので、物質的な食事としては頂かれなくても子孫がご先祖の為に用意した食事ですよという思いを込めて、お食事という言葉を使用していましたが、この言葉について改定がありました。

お供えとしてお食事を用意するとなれば自分が食べているものと同じ物或はそれ以上の物を出さなければいけないという固定観念がやはりある様で、よく聞く言い回しとしては、お粗末な物では御座いますがどうぞお召し上がり下さいとありますが、この世にお粗末な物があるのでしょうか。

お粗末という言葉にも、人によっては、この様なお粗末なものしか用意できない子孫で申し訳ないという思いもあるよと、仰る方も居るかも知れませんが、用意した食事に使用する野菜や穀物等を与えられているのは、人間であり、それをどう調理するかだけの事でしょう。

調理が苦手な方でも自分なりにまごころ込めて作ればそれは相手に伝わりますよね。
お粗末にしているのは、自分の心であり、思いなのではないのでしょうか。

大地の恵みは、神の息吹があればこそです。
人間が大地を作り天候を操り成長させてはいないでしょう。

神様がお作りになられた物を与えられているのは、人間です。
それをお粗末な物というならば、神様はどう思われるでしょうか。
お粗末という言葉をどう変換していったら良いのか、色んなご提案がある方は投稿お願い致しますね。

お食事の件に戻ります、お食事という言葉ですとやはり先程も述べた様に固定観念として、お供えとは、ご飯があって味噌汁があって、お惣菜があってお漬物があって熱いお茶があってと、御膳に乗り切れない位の物或は豪華な物という捉え方がどこかにあるものです。

ただどうでしょうか、今迄のお供えという固定観念でいう所の豪華なお食事を毎日している方がどれ位いるのでしょうか。
豪華な物をお供え出来る方も中には居るかも知れませんが、殆どの方が毎日豪華な物を食べていないのではないでしょうか?

朝はコーヒーとパン、昼はラーメン、夜は忙しくて食べる暇が無かった。
じゃあそういう方々は、お供えは出来ないじゃないか、となります。

そこで神様は、こう仰っています。
ご先祖にお食事の挨拶をする時は、お食事、ではなく、お膳と申すこと。

お膳という言葉であれば、その人、その人がまごころを込めてお供えするものが、お膳に載っているのであり、載っているものがどんな物であれ、子孫の思いがそこにはあるという意味合いになる訳です。

お膳の他にお酒もお供えしたいと思えば、一緒にお供えしたら良いんです。

お供えとして御上げする物だけを一生懸命用意する事は一見素晴らしいと思われるかも知れませんが、作っている本人としてみればとても大変な事でしょう。材料も揃えなければいけない、金銭的にも苦しくなる、時間も掛かる、大変なだけでなくもしかしたら、その方の暮らし自体が苦しい状態になるかも知れません。

無理をする必要は無いんです、自分が出来る範囲の物をお膳に載せてお供えしたら良いという事です。

いかがでしょうか、お供えする時の言葉の中には、人間そのものを苦しめるキーワードがあったんですね。

これからは、これらの事に気を付けてご先祖へのお供えを続けて見たらいかがでしょうか。
無理の無いように、ですね。
ご質問等ございましたら。御遠慮なく管理者までメールをお願い致します。

また、お伝えが出来ましたらお知らせ致します。
 

(無題)

 投稿者:東輪  投稿日:2018年 1月 1日(月)17時37分26秒 i220-99-172-191.s42.a026.ap.plala.or.jp
返信・引用
  あけましておめでとうございます。
皆様 新しき年決意も新たに心刻まれた事と。
改めて 皆様の活動を楽しみにしています。
神様の元に心ひとつに。
 

新年の決意表明

 投稿者:神周士の会 九代  投稿日:2018年 1月 1日(月)17時19分36秒 sp49-96-34-102.mse.spmode.ne.jp
返信・引用
  新年の決意を書かせて頂きます。

今年は、今までの集いの会の会話の中に含まれている神様の御心をまとめ、世に神示を出す為のまとめを行います。
また、神様の御名を弘める活動の一つとして、集いの会とは別に世の中の動向をお読みになられた神示しを、人々に出して行きますこと、ここに表明致します。
 

新年を迎え決意した事

 投稿者:神周士の会 愉人  投稿日:2018年 1月 1日(月)15時30分55秒 zaqd37c3a05.zaq.ne.jp
返信・引用
  新年を迎え決意した事

本年こそは神示の編纂を行い世の人々に知らしめる活動を致します。

生業に振り回されていますが、神示の知らしめと、神の御名を広める神の仕事を優先にする思いです。
 

謹んで新年の、お祝いを申し上げます。

 投稿者:神周士の会 愉人  投稿日:2018年 1月 1日(月)09時41分55秒 zaqd37c3a05.zaq.ne.jp
返信・引用
  明けまして、おめでとうございます。
謹んで新年の、お祝いを申し上げます。

神の大元の大神様、全てを戴いております、神(まこと)に、神(まこと)に、ありがとうございます。
神の大元の大神様、又、各神々様、神(まこと)に、神(まこと)に、ありがとうございます。

掲示板を見て下さっている皆様、いつも閲覧頂き、ありがとうございます。

日々、私共、神教(シンキョウ)神周士の会(カミアマネシモノノカイ)の活動に賛同頂きまして、神(まこと)に、神(まこと)に、ありがとうございます。

おかげさまで良き新年を迎えることができました。

皆様は氏神様に新年の、ご挨拶に行かれましたか、明るい内に済まされます事をおすすめします。

何卒皆様、本年も、神教(シンキョウ)神周士の会(カミアマネシモノノカイ)を宜しくお願い致します。

神周士の会 愉人

 

今年の感謝と来年の抱負

 投稿者:神周士の会 愉人  投稿日:2017年12月30日(土)23時37分55秒 KD106181125009.au-net.ne.jp
返信・引用
  愉人です、私も今年の感謝と来年の抱負を書きたいと思いましたので投稿しました。

前にも書きましたが、本年は物理的は成果を上げられず、只々、神示の反復拝読、それにより理解していない所の補修、新しき発見等を自覚させて戴いた事、今年一年間で神示での未理解が多く有る事を自覚させて戴き、少しでも補わさせて戴いた一年でした。

神示を読み返すごとに、神様の優しさに触れさせて頂く喜びを、感じさせて戴いた一年でも有りました。

生業の仕事中でも時間の仕組みを戴き、ほとんど毎日、神示の拝読をお許し戴き、まだまだ、神示の理解が出来ていない所の補いも、色々な仕組みで、させて頂きました。

よく有ったのは、神示のプリントを順番に拝読しているのですが、たまに重複してプリントした物が拝読している神示に入り込み、重複したプリントを何度でも繰り返し読み込む事に成り、理解が出来ていない所の補いに成っておりました。

本年は神示に対する思いの変革そして、改めて神様の御心を神示より感じさせて戴いた年でした。

私生活では裕福では無いのですが神の仕事が、まだ許されている生活、環境を、お与え戴いている事を感謝いたします。

来年度は神示の解読そして解説を世に知らしめる準備を進める事を考えております、まだまだ知らない事が多いのですが、今、私達に与えて戴いている、神様の御心、神示を早く知らしめる行動を取りたいと思っております。

今年一年、全てが神様の御守護の下で生活させて戴いた思いが、今、吹き上がって来る感じがします。
本当に色々な、お仕組みを戴きまして、神に、神に、ありがとうございます。

神ノ大元ノ大神様、全てを戴いております。
神に、神に、ありがとうございます。
神ノ大元ノ大神様、又各神々様、神に、神に、ありがとうございます。

新年も、どうぞ宜しくお願い申し上げます。
 

今年の感謝と来年の抱負

 投稿者:神周士の会 九代  投稿日:2017年12月30日(土)20時58分40秒 i114-189-189-159.s42.a040.ap.plala.or.jp
返信・引用
  もう間もなく今年も終わりですね、そして新しい年を迎えます。
皆さんの今年はどんな年でしたか、色々と思い返すと沢山の出来事があった事でしょう。私も新しい年に向けて、今年の感謝と来年の抱負を書いてみようと思います。

本年は私にとって変革の年だったのではないかと思っています。
今年の一月の時点で、こんなにも充実した思いで年末を迎えられるとは思ってはいませんでした。

今年綴って来たように、私は関節リウマチと診断を受けて一年半もの間休職していたのですが、神様から仕組を頂戴して、休職中の私の生活の基盤であった傷病手当金支給が終わる寸前のひと月前から、新たなる仕事場に縁を賜り、生活水準が全く変わらぬまま、少しずつ身体を慣らしながらのスタートを切らせて頂きました。

しかも、一年半もの間過ごした朝の生活リズムも新しい会社の開始時間が、完全にマッチングしており、休んでいた間に行っていた事を一つも変える事無く、また何一つ身体に負担の無い状態で再スタートが出来ました事は、神様の成せる業の何ものでも無いと本当に感謝致しております。

また、身体の不調についても、一日一回の神様に対する心静かに、深く、深く、心を下げるという祈りによって徐々に会社で働ける状態まで、回復に近い状態まで導いて戴き、運動をさせて頂いたり、集いの会の編集をさせて頂いたりと、細やかな仕組みの元、行動させて戴いた事が何よりの変化の元ではなかったかと感じております。

これらの変化により最近では、擦れ違う方やフッと目をやった方向に居る方のビジョンが時々見えたりする事があります。
砂漠が見えたり、海が見えたり、どこかの国の石造りの街並みの風景が見えたりと、残念ながら今は何を見せられているのか分かりませんが、そのうちきっと何を見せられているのかが分かるだろうと思っています。

その時までに、色んな事を学び思いを育てていけたらと思っております。
今年は、これから自分のなすべき事が何なのかを感じさせる様な事を、神様から戴いたのではないかと感じております。

まだまだ至らぬ一年では御座いましたが、何卒くる年も御守護賜りますよう、謹んでお願い申し上げます。

くる年は、今年暮れに色々と体験させて戴いた、詰めの甘さと言いますか下調べを怠らぬように行動する事、そして、閃きやお知らせにきちんと耳を傾けて行動できるようになる事と思っております。

またそれらの事柄に必要な、神様の仕事を行う事により大切な事への気付き、集いの会で何気ない話しの中に隠れている神様のお考えに触れて、学ばせて頂きたいと思っております。

今迄の集いの会のまとめ作業もとても重要な事だと思っておりますので、引き続き取り組ませて頂き、早い段階での擦り合わせが出来る様に、行っていきたいと思っております。

高山集いの会でも、沢山の神々様とお会い出来ます様に心から待ち遠しく思っております。

神ノ大元ノ大神様、全てを戴いております。
神に、神に、ありがとうございます。
神ノ大元ノ大神様、又各神々様、神に、神に、ありがとうございます。
今年一年、本当に色々と体験させて戴きまして、また気付かせて頂きまして、神に、神に、ありがとうございます。
くる年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

神ノ大元ノ大神様から連綿と続いている各神々様、今年は精神的、肉体的に沢山の御守護賜りまして、神に、神に、ありがとうございます。
くる年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。
 

(無題)

 投稿者:東輪  投稿日:2017年12月27日(水)21時15分12秒 i220-99-172-191.s42.a026.ap.plala.or.jp
返信・引用
  今年も、終わりですね。
皆さん、今年は、喜び、楽しく、そして苦しみ、人を憎み、傷つけ、傷つけられ、憎しみ、憎まれ、自己主義、快楽を獲られた方々、そして、色々な事に、巻き込まれ快楽を得られなかった方々。
人間ですから、この世は楽しくすごしましよう。
しがらみや、関係にとらわれることなく、そこに今自分の居場所がありますから。
集いも、ほどほどに。
意味の無い集いは、辛いね。
楽しい集いを探して下さい、くる年は。
 

/36