投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


人間のルール

 投稿者:神周士の会 九代  投稿日:2018年 8月 5日(日)13時14分29秒 i118-18-190-155.s42.a040.ap.plala.or.jp
返信・引用
  掲示板をご覧の皆様いかがお過ごしでしょうか。
氏神様のところには月初めのご挨拶に行かれましたか?
神々と集い合う世界を作る為にはまず、氏神様に感謝のご挨拶が大切です。
行かれていない方は、是非行ってみて下さい。

今回は、人間のルールと題して話を進めて行きたいと思います。
人間社会にはルールがあります。ルールは、子供が遊ぶ世界にも存在しますし、自分自身にもあります、当然会社の中、社会の中にもあります。
ルールを決めるのは誰か、遊びであれば勝ち負けを競う為に全員が納得するようなものが必要だし、自分自身であれば、社会のルールと私生活のルールを立て分けする事で成り立っている事があります。
会社に中には、社長が決めたルールがあり、それに従えないものはそこを去るしかありません。

しかしこれらのルールは、そこに身を投じる者だけが守らなければならないものであり、属していなければ守るも何も無関係な事柄に過ぎません。

属しているものが例えば宗教であれば、どうでしょうか、宗教にもルールがあります。お布施をしなさいとか、こういう祈り方をしなさいとか、神様にこういう振舞いをすると御無礼ですよとか、宗門宗派あらゆるルールが存在する事でしょう。
ただし、この宗教の中にあるルールは誰が作ったのでしょうか。

全て後世の人間が人間の為に作ったルールであり善悪であり正義なのです。
なぜ神は神の世界のルールや善悪や正義を人間に与えなかったのでしょうか。
もし、神の世界のルールや善悪・正義を人間に与えたならば、それは神の世界であり人間の世界で無くなると以前神示しで言われました。

この事からお分かりの様に、人間は人間社会のルールの元に生活しなければいけない訳ですが、人間社会のルール中から氏神様の大切さが完全に消えていると思うのは私だけだでしょうか、氏神様の大切さがもっともっと人間社会に浸透すれば、もっと違った世の中になるのではないだろうか。
浸透するには時間が掛かります、どうか沢山の方々が早く目覚めて、氏神様にご挨拶に行かれて下さい。

以前私もとある宗教に属していましたが、その頃氏神様にお参りしなさいなんて誰も言ってくれませんでした。宗教施設に行く事が神が望まれている事であり、お布施をする事が必要な事だとずっと思っていましたが、その様に仕組んでいるのは、その組織を立ち上げた方達であり、運営する為に必要な人集めやお金集めをせっせとやっていた事が、去ってから分かりました。

以前、神に特定の名前は無いと御使いの神様が仰っていました。
あるのは、御役だけだと。
今一度言います、人間を守る御役の神様は、氏神様です。
宗教団体が作った神でも無ければ教祖でもありません。

しかし選ぶのは貴方自身です。
自分のルールの中に、人間を守る御役の氏神様に感謝を行うという項目を掲げるかどうかは、貴方自身に任されています。


また何かありましたら書かせて頂きます。
尚、内容で不明点または聞きたい事がありましたら、当掲示板に遠慮なくご質問または下記管理者までメールをお願いします。
 

東輪さんへ

 投稿者:神周士の会 九代  投稿日:2018年 8月 1日(水)07時03分3秒 i118-18-190-155.s42.a040.ap.plala.or.jp
返信・引用
  お返事ありがとうございます。
ここで表現した流木とは、山などに長雨が続き地盤が緩み部分的に滑落して押し流されたものを指してのものでしたが、通常流木というと、河川や海に流れ込んだ樹木の事をいう様ですね、倒木と言った方が適切だったでしょう。
失礼しました。

恐らくは堰を作るというのも先祖代々の土地を守る為に講じた策だと思いますが、想定を上回る雨量で災害に遭われたのではないかと思います。

地上の全ては神様が御造りになられたものだと認識しております。

確かに、先祖が残した警告が長い年月で風化して分からぬままに住んでいた方も居られるでしょう。
現に今回のニュース等で聞いた話によれば、何百年に一回に起こると予想されていた災害が今日だとは思わなかったと答えていた方がいらっしゃいましたから。

無視していると言われればそういう方々も居られるのかも知れません。自分では無視しているという自覚は無いでしょうが。

現時点において私は宗教に属していると思った事はありません。
宗教とは平たくいうと、生活を教える場であり神様との接し方を学ぶ場若しくは組織だったものと思っています。
それに、日本古来の考え方からすれば、神社と人間という氏神と氏子という関係が昔からあるから、それを外国で作ろうとして宗教が生まれたのかも知れません。

私が今このカミアマネシモノの会で活動しているのは、宗教では無く神教であり、神ノ大元ノ大神様の教えを広め、伝えていくことと神様と繋がりを持たせて頂き、神々と集い合う世界を作ること、それに必要なことは、自分の身近にいらっしゃる神社の御祭神に感謝の意を表しに赴き、ご挨拶をすることです。
 

(無題)

 投稿者:東輪  投稿日:2018年 7月29日(日)21時00分57秒 i218-47-111-208.s42.a026.ap.plala.or.jp
返信・引用
  あるがままにかかせてもらいます流木とは?物は下から上には流れますか?ある意味上に住みそして」生き延び祖先を繋げてそして今思いもよらない事に逢う?地上は人間が全て作ったものですか?災害?ならば先祖の警告を全て無視しているのではありませんか。?災害ともうします。災害とは?質問します。神様が100㌫いらしゃるならこの世の中に色々な教団はありえないと思います。だって人間社会ですから。皆拠り所を求めているのですかね?あなたは、どこかの宗教に属してるのですか?  

東輪さんへ

 投稿者:神周士の会 九代  投稿日:2018年 7月29日(日)12時21分59秒 i118-18-190-155.s42.a040.ap.plala.or.jp
返信・引用 編集済
  東輪さん、投稿ありがとうございます。
ちょっと漠然とした投げ掛けなので、理解できる範囲で書いてみようと思います。

災害について、全て神様が仕組まれている事かについては、天災は全て仕組まれていると思います。
以前から何度も触れていますが、地球そのものは神々が運営していて、気候調節や天災を起こして保たれているのではないかと思うからです。

ただし、人間が良かれと思い作ったものが原因で、人災も起きていると思います。

今回の豪雨で災害に遭われた中には、流木止めを作って欲しいと役所に願い出て、実際作ったものの、流木止めが流木自体を大量に溜め込む要因となり、一揆に決壊した事でその下に住む家々が流されたと聞きます。

また、この方は役所から事前に流木止めは作りますが、豪雨の時などはそこから必ず避難して下さいとも言われていたそうです。しかし本人は流木止めを作ったから安心と避難指示が出ても避難せず、家族にも避難するよう言わなかった様です。

どんなに強固な堰を作っても、自然の猛威に太刀打ちできるものではありません、太刀打ちできると思っているのであれば、それはその者のエゴであり我でしか無いと思います。

役場の方が豪雨の時は避難して下さいねと言われていたのであれば、素直にその助言に従っていれば良かっただけの事。
我が強いという事は、他を受け入れない、自分が正しいという壁を作る事ですから、神様からの思いも通じません。

神様からの思いを受けられる状態にする事が大事ではないかと思います。それがいつでも出来る状態というのが、日頃からの神様への挨拶といつでも一緒に居させて戴いているという環境作りをしなければならないと思います。

神様はすべてをオンにしたりオフにしたりされるものかについては、例えばどの様な事を指して言われているのかもう少し具体的に書いて頂けたらと思います。

人間が作り出したものは完璧ですかねについては、先程も流木止めの事を書きましたが、人間の世界で作るものについては完璧というものは無いと思います。
最初から完璧なものなんて誰にも作れません、作ったものが原因で何かが起こり、それに対して対策を講じる、そしてまた何かが起こり対策を講じるという風に進化していくものだと思っています。

尚、人間にとっての完璧なものとは、物質の集大成になるものだと思いますが、これは人間が勝手に完璧だと思っているだけで、神の世界では完璧でも何でもない事ではないかと思います。

人間が自分の身を守る為に強固な家を作り、頑丈な壁を作る。この行為は自分に何が起こるか分からない恐怖心から来ると思いますが、神様と思いを繋げさせて戴き、生活が出来れば、強固な家も必要無く、頑丈な壁も必要無いと思います。
海岸の近くであろうが、山の麓であろうが、どこに居ても神様からの御守護の元生かされる訳ですから、神様と日々繋がり生きていく限り、人間が人間である生き方が出来るのではないかと思います。

この事に必要なものと言えば、神様を崇め奉る事、そして氏神様を大切に思う心、そして挨拶、これらが本当に今の人間に必要な本来の姿ではないかと思います。
 

(無題)

 投稿者:東輪  投稿日:2018年 7月27日(金)21時46分17秒 sp49-98-62-42.mse.spmode.ne.jp
返信・引用
  人間の都合って?
いろんな災害がおきてますね。
すべては、仕組まれているのですか?
神様は、すべてをオンにしたりオフにしたりされるものなのですか?
人間が作り出したものは完璧ですかね?
 

これからの生き方

 投稿者:神周士の会 九代  投稿日:2018年 7月21日(土)17時14分18秒 i60-41-92-58.s42.a040.ap.plala.or.jp
返信・引用 編集済
  掲示板をご覧の皆様いかがお過ごしでしょうか。
事ある毎に氏神様の所へ行ってみて下さい。
氏神様はいつでもお待ちになられています。

先日の事ですが、朝のニュースの見出しで「これからどの様な対策で災害を乗り切れば良いのか、その方法は?」という様な言葉が画面にパッと映し出されました。私はちょうど会社に行く準備をしている所で、フッと画面に目をやるとその見出しが飛び込んで来ました。

次の瞬間、いきなり大粒の涙がボロっと落ち、だから神社へ挨拶に行く様言っているじゃないかという心の底から叫びが込み上げて来て発しました。

涙は直ぐに止まり冷静を取り戻したのですが、今の感情は一体どこから来たのか、不思議な感覚にとらわれました。
もしかしたら、災害に遭われた地区の氏神様の思いを瞬間的に受け取り、発せられた言葉だったのではないかと思った次第です。

ニュースで報じられる状況を見るだけで、途轍もない事が起きているんだなと感じているのは他の方々も同じなのではないでしょうか。
まさか自分の住んでいる地域が、まさか自分の家が、まさか自分がと、色んな想いで過ごしている事でしょう。

自分の家は大丈夫だと思っていても、一度地域が冠水して断水・停電になれば家が残っていても、生活は困窮して行くでしょう。

自分達の生活が成り立っている仕組は自分達人間の力だけで形成されていると思っている人々が多いのでは無いかと最近思います。
自分達がオギャーと産まれ、育ち、誰かと出会って結婚して、生活して、子供が産まれ、子供の成長を見ながら年老いて行く、そしていずれ死をむかえる。
産まれてから死ぬまでの間と死んだ後もずーっと私達人間を氏神様は守って下さっています。

まずはこの事だけについても氏神様への感謝が必要ではないでしょうか。
肉体には一人一人に宿る神様がいらっしゃいます。宿っている神様は、一人の人間が成長する為の色んな試練を与えたりしていると思われますが、御守護を担当される方々もいらっしゃる様で、一人の人間に対して、実は沢山の神々様がいらっしゃるのだそうです。

少なからず誰にでも今迄の生活の中で危険な目に遭いそうになったとか、何かの力で助けられた等不思議な体験をした方もいらっしゃるのではないでしょうか。それらの体験は、やはりその方を守っている神様の働きによるものだと思いますが、ただ単に自分はついているとか、自分はラッキーだと思うだけでは、その内その御守護も無くなって行くでしょう。

自分を守って下さっている神様は、地域の氏神様と繋がっているのでそういう仕組が起きるのではないかと思います。

その繋がりを強めて頂くには、やはり自分が氏神様の所へ赴き、ご挨拶をする事、これが大事な事なんです。

自分が氏神様と繋がらせて頂きたいと思う心が、自分と宿る神様との繋がりを確立し、神ノ大元ノ大神様から連綿と続いている氏神様との繋がりをも可能にする事だと思います。

本来は、大きな痛手を負う所を僅かな事で済むのか、又は何も無いのか、その時にどの様に思い、そして行動するのでしょうか、どうお考えになりますか、以前神示しで、日本は神様が託す国と仰せになられました。
一人一人がどの様な行動をすれば、託される思いを受け取る事が出来るのでしょうか。

今一度真剣に考えてみて下さい。そしてなるべく早く多くの人が氏神様の所へ足を運ばれて下さい。それを神様は望んでいらっしゃいます。

また何かありましたら書かせて頂きます。
尚、内容で不明点または聞きたい事がありましたら、当掲示板に遠慮なくご質問または下記管理者までメールをお願いします。
 

日頃の挨拶は素敵な体験の始まり

 投稿者:神周士の会 九代  投稿日:2018年 7月14日(土)10時19分38秒 i60-41-92-58.s42.a040.ap.plala.or.jp
返信・引用
  掲示板をご覧の皆様いかがお過ごしでしょうか。
前回、日頃の挨拶について書かせて頂きましたが、どなたか実践してみましたか?
今回は、日頃の挨拶をする事でどの様な体験をさせて頂いたか書いてみようと思います。

職場のお昼時に伺う食堂での体験です。
食堂はご夫婦で営んでいて、値段も内容も中々良い所謂コスパが高い食べ物屋さんです。

ある日、雨が降りそうな天気でしたが、傘を持たずに食堂へ向かいました。
日替わり定食を食べ終わる頃、奥さんが玄関口まで歩いて行き外を心配そうに見ています。戸を少し開けては奥から行ったり来たり、最初は何をやっているのか分かりませんでした。

三回目に玄関口へ行って帰って来た時に、奥へ行ってゴソゴソと何かを持って来ました。
お会計となり、奥さんにご馳走様でしたと言うと、パッと傘を出して、今降って来たから、今度ここに来る時で良いから持っていってと傘を渡してくれたのです。

私はびっくりして、良いんですか?ありがとうございます。と軽く会釈をし傘を借り、雨に濡れずに会社へ戻る事が出来ました。

行ったり来たりの行動は、自分に傘がいるか要らないかを気にして下さっていたものだったと傘を渡されて気付きました。
そう思うと何だか嬉しい気持ちになり、良い事をして頂いたな、ありがたいな、ありがたいなと心の中でも頭を下げました。

日常のほんの些細な出来事ですが、これらの事も全てそこの地域を御守りしている御祭神の方々の思いがあればこそではないかと思います。
御祭神の思いとは、出掛ける前にどこそこ周辺、ここで言いましたら職場の周辺を御守り戴いている御祭神の皆様へご挨拶をしていますから、自分が行動する先々の全てを見て下さっているのだと思います。

それに、考え方によっては、食堂に行く時間、食べる時間、出る時間、雨が降るタイミングをピシャっと合わせて頂き、奥さんから傘を渡される。私はジーンと来る。色んな事を調整して戴いて、その日体験した事は起こっているのです。

自分が行動する上で地域を御守り戴いている各御祭神の皆様方がいかに大切な存在か、少しはお分かり頂けましたでしょうか。
何も起こらないにしても、何も起こらない様に守って戴いている訳ですね。


家でご挨拶するという事は、外でご挨拶をする為の練習でもあると思っています。
自分を守っていらっしゃる神々様と共に、氏神様にご挨拶する事で氏神様から気に入って貰える様な者になれれば、自宅でご挨拶する時にでも、スムーズに事が進んで行く様に思います。

挨拶が無ければ誰も動かれない又は気にされないとも言えるでしょう。

神社へは本当に不思議な事ですが、行かなくなると行けなくなるんですよね。
これは、行かないという自分の意思では無くて、神様から心を読まれて、来なくてもいいとなっているのではないでしょうか。

そうは言っても、何度でもチャレンジすれば良いんですよ、何度でも行こうとする、神様にお会いしたいという心は、必ず神様に届きますので、皆様が神社へ行かれて、自宅でご挨拶をされて、素晴らし体験を与えて戴ける人になる事を願っています。

また、何かありましたら書かせて頂きます。
 

日頃の挨拶

 投稿者:神周士の会 九代  投稿日:2018年 7月 8日(日)16時22分7秒 i60-41-92-58.s42.a040.ap.plala.or.jp
返信・引用
  掲示板をご覧の皆様いかがお過ごしでしょうか。
今月は日曜日が月初めでしたが氏神様の所にはきちんと挨拶に行かれましたか。
挨拶が大事ですよ。

東輪さん、記事を書いて下さりありがとうございます。
東輪さんが書かれています通り、一生消えない刻印を身体に付ける事も消す事もせっかく戴いた肉体に傷を付ける事ですから、安易に物事を捉えずに日頃からの神様への感謝を行って、神様から最良なものを与えて戴ける人になって欲しいと思います。

ところで皆様は、朝晩の挨拶の他に日頃どこかに出掛けたりする時はどの様な挨拶をなさっておられるのでしょうか。
例えば、家を出る前に、心の中で神様宜しくお願いしますと唱えているのでしょうか、それとも何も考えずに出掛けているのでしょうか。

私の場合、予めどこそこに行くと分かっている時には、どこそこを御守り戴いている神々の皆様とどこそこの周辺を御守り戴いている御祭神の皆様方と、自分がその日行く先々にいらっしゃる各御祭神の皆様方にご挨拶をしています。

これは、自分がその日訪れるであろうエリアを担当していらっしゃる御祭神の皆様方へのご挨拶として、エリア毎に色々な災難に遭わない様に仕組ん頂ける事と、どこそことピンポイントで呼ばせて頂く事で、そこに行った際は気持ち良く過ごさせて頂ける事と、スムーズな移動と安全を御守り戴いている事が含まれています。

心の中で神様宜しくお願いしますでも良いですが、心の中に自分が行かせて頂くエリアを想像して、そこの周辺を守って下さっている御祭神の事を想像するともっと良いのではないかと思います。

いつもいつも御祭神の方々が、守っておられるのですが、きちんと声に出して言う事も大切な事です、是非ともそういう挨拶をして頂きたいなと思います。
挨拶方法について詳しくお知りになりたい方は、下記管理者までメールをして頂くか、掲示板へお書き下さい。

神様は、一人一人が神様と繋がり、神様を敬い奉られる事を願っていらっしゃいます。
正しい祈り方、思いを身に着けて毎日を過ごすのか、自分勝手に過ごすのか、神様は一人一人を見ていらっしゃいます。

日頃からの挨拶がとても大事だという事は、以前からもお話しさせて頂いておりますが、朝晩の挨拶、何かをしようとする時に挨拶、これらは自分の現在と過去と未来を全てひっくるめた感謝の挨拶だという事を忘れてはいけません。

HPに書いてある記事を読まれ、学んで頂ければ幸いです。
ご質問等ございましたら、ご遠慮なくメール又は掲示板にお書き下さい。

又何かありましたら、書かせて頂きます。
 

(無題)

 投稿者:東輪  投稿日:2018年 7月 2日(月)21時29分22秒 sp49-98-156-114.msd.spmode.ne.jp
返信・引用
  ワールドカップで盛り上がってますね。
皆さん、気づきませんか?
サッカー選手にとても目につくこと?
特に外国選手?
野球選手にもいえること。
からだは、生まれて肉体がなくなるまで綺麗でいたいですね。
 

予言など出来ないでしょう

 投稿者:神周士の会 九代  投稿日:2018年 5月26日(土)10時12分50秒 i219-167-67-88.s42.a040.ap.plala.or.jp
返信・引用
  掲示板をご覧の皆様いかがお過ごしでしょうか。
氏神様の所にはきちんと挨拶に行かれていますか。
挨拶が大事ですから、氏神様のところへ是非行かれて下さいね。

東輪さん、地震の予言についてのご意見ありがとうございます。
私も東輪さんの意見には賛同します、大学の教授なんかで今迄の統計として、いつ頃にどこら辺で起こる可能性が高い等言っている方はいらっしゃる様ですが、これはやはり予言では無く、統計的な予測でしかありません。

しかし、この様な教授の意見を表に出して、どこどこの教授がこう言っているから、自分はこう思うなどと勝手な見解をネットに流している方々も多く居る様です。

この様な見解は、ただいたずらに人々の関心を得ようと書かれているもので、神様からの御伝えでも何でも無いと思います。

もし神様からの御伝えというのであれば、地震が起こるその場所の誰かに伝えるのではないでしょうかね、そうで無ければ、伝える意味がありません。
伝える方にいかなる力があっても、地震が起こる場所の住民を助ける事なんて出来ないのですから。

住民を助けられるのは、その場所で過去に起こった事を知らせる記録では無いでしょうか。

以前、掲示板に何度か書いた事がありますが、地球も生きています。
人間の現象的捉え方をすれば、咳をする時もあれば風邪を引く事もあると思います。
人間が咳をする時とは、風邪の前兆だったり何かの病気を知らせる為に起こりますが、地球にも同じような事が起こっていると考えれば、地球が咳をする時、人間に何かを伝える為に起こっているのかも知れないし、ただのガス抜きかも知れない訳です。

人間の身体に起こる事が誰にも分からない様に、地球で何が起こるかなんて誰にも、分かる筈が無いと思います。

ただ、一つ言えるのは、昔から人間が住んで来た場所、土地、環境、ここで過去何が起こったのか、この点についてもっともっと真剣に考えるべきでは無いかと思います。

今迄地球上に人間が誕生して、文字で記録を残せる時代に起こった事は、昔からある神社やお寺に保管されているケースが多い様です。
ここまで津波が来たよ、この辺りに住んでいた人々は、大勢亡くなられたよ、大きな惨事が起こった場所には、神社やお寺に色んな文献が残されている事が、惨事後に見つかる事は近年の九州豪雨でもあったそうです。

何度も何度も、同じ事を繰り返して命を落とす人間達に対して、神様はどう思われているのでしょうね。
神様の言葉を誰しも聞けるのであれば、どこに居ると安全とかここに居てはいけないとか、分かるのでしょうが、誰も聴く事は出来ません。
でも神様は人間を使って、記録を残させて、後世の人々に知らしめています。

残されている文献そのものが、神様の言葉であり、素直に実行するべき事では無いかと思います。
残された記録を見ない事は、せっかく神様が残された重大な言葉を無視しているのと同じ事ではないでしょうか。

予言などを聞いて右往左往している場合ではありません。
起こるかどうか分からない、言ってみれば当てにならない言葉に耳を傾けるよりも、近くの神社にご挨拶に行き、そこの土地で過去何が起こったのかを聞く事も、大切な事では無いかと思います。

神様の言葉をきちんと受け取る事が出来る人が沢山増えて行けば、神々と集い合う世界が近づいて来るのではないでしょうか。
明日は日曜日です、近くの神社に足を運んでご挨拶に行ってみてはいかがでしょうか。


これを読まれ何かご意見等ございましたら、掲示板又は管理者までメールをお願い致します。
 

/36