スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:4/476 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

今年の色々な出来事

 投稿者:神周士の会 愉人  投稿日:2021年12月30日(木)02時17分10秒 zaq31fa8f1d.rev.zaq.ne.jp
  通報 返信・引用
  今年一年過ごさして戴いた思いを書きます。

今年も沢山の御守護と、お仕組みを戴きました。

このコロナ禍に於いて、感染もせず、職場でも一人も感染者が出ない状況を与えて戴く御守護を、戴きました。
又、コロナ禍に於いても仕事の時間削減も無く、 非常事態宣言下においても仕事は通常通り勤めさせて頂きました。
当然、それによって収入も持に変化が無く、経済面においての生活にも困窮せずに済みました。

そして、今年も神の仕事を押し進める事は消極的でした。

今年は御守護の本当の意味を知り、理解出来た事が私は、有りがたいと思いました。
御守護は、苦しくなる前、危機に陥る前に自分を守って貰える、自分が、そういう災いに行かない様にブレーキを掛けて戴けるのが御守護だと理解しました。

今年は世界中で、我と欲が原因と解る、あからさまな状況が沢山起きていました。

まずは、コロナ禍で、ワクチン接種に関わる状態、世界中ではワクチンの争奪戦が起き 又、ワクチンを接種した人間と、してない人間との区別を露わにしたり。
日本に於いては昔の医療関係者の我によって構築した医療界の実態がコロナ禍に、おいて活動しにくい状況を形成していました。
昔よりは医者の数を増やしはしたが、大病院的組織の医療施設関連を育成してこなかった。
開業医のような中小の医院病院は多く構成はしたが、今回の様なコロナとか大々的な 伝染病、ウィルス性感染等の状況が起きた時に対応できる組織と能力を持った病院が 少なかった。
重症者が大きな病院にベットが足らないから入院できなかったのも設備が足らなかったのも、大病院を作らず小さな医院をつくり誰かの我によって医療世界を動かしてきた 害が出てきたのだと思う。
又、一般市民も我と欲が優先し注意されているのにも関わらず、感染率の高い場所に 行ったり、集合して感染する状況を作っている。
これも、我が優先して、せっかくの、御守護でストップを掛けて戴いているのにも関わらず、我が出て、出かけてしまう。
感染する危険性が有るのに欲で飲み食いをし、楽しみ自己満足を優先しています。

欲と言えば、 東京オリンピックも、そうですが観客動員が無くなれば、ボランティアさんの活動も無く、使わないユニフォームや備品が残ります、その備品の保管場所も料金がかかり、全てに於いて金銭の欲得の動きが、露になった大会だと思います、又、金銭的に言えば、コロナ禍において、アベノマスク等の保管場所の代金も何億とか、掛かる状況が有り、その金銭を欲している方々が沢山おられると思います。
苦しむ方が居れば、又、儲けを目指している方々も居られるという状況は我欲の表れだと思います。

世界では中国の三峡ダム、建設当時には関係者の汚職などにより資材、材料等の横流し等が有り建築費が着服され材料不足のダム建設になり強度も信頼性も無く
建設され発電ダムとして運用されています。
今年は貯水量が多く、ダムが変形して崩壊するとまで言われてました。
これこそ、我欲から来た人災だと思います。

アフガンからのアメリカ軍の撤退。
アメリカの都合、我欲ですね、それによりアフガンの人々が国の我欲、都合により弾圧を受けている。
又、近隣の国々は我欲による戦争の危機を感じている。

天変地異といえば、東南海地震も視野に入れて、いかなければならないでしょう。
今年は火山の噴火も多く日本では阿蘇山、東南アジアに至っては火山が数カ所噴火し アメリカでは竜巻も沢山発生したみたいです

先人の方々が言い伝えてきた災害とかの教え、印を残して、ここより下の土地には住まわないように等の教えが御守護のストップになりますが、天変地異と共に同調して人災も起きていました。

今年は我について深く考えさせていただきました。
私に宿られて居られます神様に対する、感謝の思いが増大した年だと思います。
私自身、我が強く、神様の、お仕組みに、どこまで従えたか分からない状況でございます。
今年一年、私の我の強さで、神様を困らせた事が有るかも解りません、まことに申し訳ございませんでした。
今年は自分自身の我と、自分自身がいかに御守護されているかを考えた年は、ありませんでした。

神ノ大元ノ大神様、全てを戴いております、神(まこと)に、神(まこと)に、ありがとうございます。
神ノ大元ノ大神様、又、各神々様、神(まこと)に、神(まこと)に、ありがとうございます。

来年も宜しく、お願いを申し上げます。
 
》記事一覧表示

新着順:4/476 《前のページ | 次のページ》
/476