スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:6/468 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

奇跡はあるか

 投稿者:神周士の会 九代  投稿日:2021年10月 2日(土)23時18分31秒 i118-18-189-200.s42.a040.ap.plala.or.jp
  通報 返信・引用
  皆さんが思う奇跡とはどの様なものでしょうか。
私がかつて思っていた奇跡とは、大事故に遭遇しても助かる事や、末期の癌が消えたなどで、人知を超えた現象だと思っていました。

日本人の多くは、例え危険な事に巻き込まれても、何かが起きて自分は助かると思う傾向にあると誰かが言っていた様に、何かが起きた時に助かる事を奇跡と捉えている方が殆どではないでしょうか。

宗教においても、奇跡が起こる団体という触れ込みが出ると沢山の人が引き寄せられて行き、引き寄せられた人は、いつか自分の身に起こる不幸な事柄から助けられるのだろうと考えながら活動しています。

しかし、ここで断言します。
皆さんが考えられている様な奇跡は、起こりません。
残念ながら起こらない様に仕組まれているのです。

この世で人間に起こる事には全て意味があり、その人その人にとって起こらなければならないから起きているだけなのです。また、起こった後の思いや行動にどの様な変化が起き、どうなるかは、その人に任されている事であり、他人がどうこう出来る問題では無いのです。

こちらに入会すれば、貴方に付きまとっている不幸現象の元を又は悪霊を追い出しますから、何十万円をどこそこに振り込んで下さいという団体がありますが、そんな事ができる人間など存在しません。

神の世界では許されていない事なのです。

以前集いの中で、神の世界では、正と邪が完全に分かれているが、人間が住むこの地球には正と邪両方の影響を受けているとあった様に、邪の影響を受けている人間の所や団体に入ると、人救いや霊救いなどをする様になります。しかしやればやる程、自分自身に本来備わっていたものまでも投げ出さなければならなくなり、病気等になって苦しむ事になるのです。

私自身が良い例と申しますかですが、私も以前そういうところに所属していて、人救いだの、霊救いだのと奔走し活動していた時期がありました。
やればやる程、周りから雰囲気が怖くなったと恐れられる存在となっていました。
一生懸命に、人救いや霊救いと称して活動していたものは、その人その人に必要だから、その様な状態になっていただけであり、その人が受けるべくして受けていたものでした。

そういう事も気付かずに、神様の邪魔になる事を何年も掛けてやっていた訳です。

神様の邪魔になっていた事に気付いたのは、自らがリウマチという病になってから大分経ってからです。
人間が他人を救う事など誰にも出来ない事なのです。

救えるのは、自分自身だけなのです。
何かが自分に起こる前に、何も起こらない様にする事が大切な事です。
何も起こらなかった平凡な日々を、自分の中にいらっしゃる神様に感謝して下さい。
地球に生まれた以上は、いち人間としていかに生きるかなのです。
自分の命を投げ打ってまで他人を救いなさいなどは、無いのです。

思い悩む人が傍に来たら、助言してあげたら良いのです。
まずは、自分の中にいらっしゃる神様に感謝する事が大事な事なのです。
そうすれば、活路が開けてゆきます。
 
》記事一覧表示

新着順:6/468 《前のページ | 次のページ》
/468