スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:2/462 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

 投稿者:神周士の会 愉人  投稿日:2021年 9月 3日(金)21時19分30秒 zaq31fa8eba.zaq.ne.jp
  通報 返信・引用
  愉人です、皆さん、神様に逢いに行かれましたか。

異常気象ですね、集中的に雨が降ったり、寒暖の差も大きく成ったりして来ています。

今回は縁(えん)に、ついて書かせて頂きます。
2か月前に縁の話を聞き、縁が戴けるから、神様が居られる神社へ、神様に逢いに行けると伝えられました。

聞いた時には、軽い感じで居ましたが、理解するのに2か月、今まで掛かったような気がします。

2か月の間の一日ごとの行動の中で、神々様からの援助、閃き、お仕組みを日々戴いて過ごしている毎日です。
その生活から感じる、経験、体験、その全ての生活時間が、理解の手助けと成り、縁(えん)の意味を考え理解する事が出来ました、

縁が有るから神社にも行ける、神様との挨拶も許される。

御守護も、お仕組みも、縁が有るから戴ける。

私は御守護は、痛み苦しみの時、窮地に陥った時、絶対絶命の死地に行く時などの苦しい処から救って戴くのが、御守護だと思っていましたが、本当の本物の御守護とは、苦しくなる前、危機に陥る前に、在るのが御守護だと理解しました。

前回にも書きましたが、自分を守って貰える、自分が、そういう災いに行かない様にブレーキを掛けれる。
その時に、何が存在するのかと問えば、答えは、神の存在が必要である。

ブレーキが利かなくなったら、もうどうしようもない。
何が有ってもブレーキが利かなくても、神様に、お願いしたらブレーキを掛けてくれます。
で、そこに行かなくなる。

そんな危険な場所を知る必要も無い。

危険な人々に逢う事もない(コロナ等の感染症)病気。
同じ病院に行くのにも、感染症を患っている人が居る時に行く人も居れば、御守護を戴いている人々は何も危険が無い、同じ場所に行って居ます。

縁を戴くと言うのは御守護を戴くのと同じで、良い方向に向かわせて戴ける事だと自覚しました、2か月では、此処までしか理解しておりませんが、この先も色々な閃きを戴けると信じておりますので、もっと素晴らしい縁が来る事を期待しております。

皆さんも神様に逢いに行ける、ご縁を願って下さい。
 
》記事一覧表示

新着順:2/462 《前のページ | 次のページ》
/462