スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:5/462 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

他とは違っても大切な事

 投稿者:神周士の会 九代  投稿日:2021年 7月25日(日)18時26分14秒 i114-184-209-125.s42.a040.ap.plala.or.jp
  通報 返信・引用
  掲示板をご覧の皆さんいかがお過ごしでしょうか。
今年の夏はとても日差しが強く、日本列島では日々真夏日になっている地点が多いと報じられています。こんなに暑い日は冷えたビールが欲しくなりますよね。ただ、熱いからと言って冷えたものばかり摂っていると、血流が悪くなり手足まで冷えて来ますので、ほとほどが良いのだろうと私は思います。

と言いますのも、六年前私は関節リウマチと診断を受け、現在も完治には至ってはいませんが、当時診て頂いたお医者さんからよく言われていたのが、夏野菜は身体を冷やすから食べないほうが良いとか、乳酸菌の飲み物や食べ物は炎症によくないから食べてはいけないとか、他にも色々と食べ物については厳しく制限するよう言われていました。

では、医者がいう通り厳しい制限をして六年間過ごして来たかというと、全く守ってはいませんでした。むしろ、自分が欲しいなと思ったら、迷わず摂るように心掛けていて、生野菜は毎日食べ、ヨーグルトも毎日食べ、夏野菜も好んで食べて来ました。その結果、悪化して身体はもう動きません、とはなっておらず、お医者さんもびっくりする位に数値も下がり、軽快にも動き、正座も短時間ならできる様になり、しゃがむ事もできます。

お医者さんは適当な事を助言していたのでしょうか。いえ、お医者さんが言ったのは、あくまでもお医者さんの治療を受ける人に向けた言葉であり、統計学や昔から言われている効果などを基になされたのだと思われます。
この病気になり、初期の頃色んな整形外科医であったり、お医者さんと交わした会話の中には、私の病をに対し自分の研究材料にしたいから通いなさいと言わんばかりの口ぶりの方が殆どで、どれだけの副作用を考えていなければならないのだろうと思っていました。

だけど、幸いにして私がこの病気を発症した時には、この会で神社の大切さを学びつつある時期でしたので、薬は漢方薬として、毎月神社に行く事で、何かしら変化が得られたらという思いからの出発でした。

そういう時だったから尚更現代のお医者さんにだって、毎月神社には行って下さいね!という言葉があっても良いのになあという思いはありました。そんな事を言われるお医者さんなんて居られないでしょうね。
お医者さんが、お医者さんになる為には、神社へ合格祈願に行ったのではないですかね。お医者さんになったら、自分の仕事に神は不要だという考えなのでしょうか、よく分かりませんが。
まあそれを言い出すと、合格祈願をされた方の殆どがそういう状態かも知れませんね。

医者が言わずとも、他が言わずとも、この会では、言いますよ。
神社に毎月行く事はとても大事です。
周りの誰も毎月神社には言っていないから行かない。
誰も行く事が大事だなんて言っていないから行かない。
親も行っていないから行かない。
行かない理由は無限にあります。
でも、行く理由は一つ、自分の暮らしを豊かにして頂ける。

自分自身が何を信じるのかです。
他とは違うからしたくないと思うのは、とても勿体ない事です。
 
》記事一覧表示

新着順:5/462 《前のページ | 次のページ》
/462