スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:5/458 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

スタートライン

 投稿者:神周士の会 九代  投稿日:2021年 6月20日(日)16時40分51秒 i114-184-209-125.s42.a040.ap.plala.or.jp
  通報 返信・引用
  愉人さんが書かれている記事の最後に、人間と神の在り方を全ての人間が知らねば、ならない時が来た。と記されていますが、どのくらいの方々がこの言葉の意味をご理解なされているのでしょうか。

殆どの方がご理解されていないと私は思っています。

以前から我欲に触れた記事は沢山書かせて頂きましたが、やはり、まだまだ、我欲が強い方が多くいらっしゃるのだなと感じています。

欲というものは、人間として生きていく為には必要不可欠な事です。
しかし、欲も強く持ち過ぎると、利己的となり我欲や強欲に変わってゆきます。
我欲が強い人に、休みの日にでも神社に行ってみてはどうですかなどと伝えても、休みの日はやりたい事があるからとか、ゆっくりしたいからとか、行きたい所が他にあるからとなり、神社に行く事よりも自分の欲が最優先となり、人の言う事は聞き入れないでしょう。

最近見かける人の中には、自分の時間を大切にしたいという方がいます。この考えもある種の我欲と考えます。自分の時間をつくるためならと他に犠牲を強いているかも知れません。
この様に自分の我欲を平気でさらけ出す様になって来たのも一つは、自分は1人で生きているんだと錯覚している所にあると思います。
そう思う様になったのも幼い頃から、神社や仏閣などに行く習慣がない事で、人間と神様との繋がりについて希薄である事と、神社や仏閣は正月皆で行くところという認識に留まり、頻繁に行く様な所では無いという思い込みがあるからだと考えられます。

人間はやりたい事をやったら良いんだ、親だって適当にやっているし、自分だって色々とストレスが溜まっているから発散したいしという考え。
では、やりたい事をやれる環境を作っているのは誰でしょう?
ひとたび、自分の環境を侵す何かが発生したらどうなるでしょう、やりたい事をやるなんて悠長な事は言えません。

ただ私達がこの日本で学んできた教育の中には、恐らく親の世代から既に神様観とやらは、学んではいません。神社に行く事が大切だなどと思っているのは、神道系の家系に生まれた人々くらいであり、日本人の中にも、神社にお詣りする大切さというものが薄れているのは事実の様に感じます。

しかも人間が作った宗教なんて、神社にお詣りに行くよりも教祖が建てた所に喜捨をしろというくらいですから、人間と神様との繋がりが何なのか分かっていないという事でしょう。
全てが空想です。教祖の絵空事なのです。
誰も、本当の神様の事を知らないから、知らない事を良い事に見えないものを見えると言われて、分からないままお金だけをむしり取られているだけなのです。
教祖はただただ肥えているだけです。
言ってしまえば、害しかありません。

私もそういうものに関わっている時は、知らない事だらけで、空想話に操られ、今考えると信じられない事を平気でやっていて、触らぬ神に祟りなしとでも言いますか、自分では解決できない様なとんでもない事をやって、結果、自分にとんでもない事が起こったと言えます。

巻き込まないで欲しいですね、ほんとに。
と言いますか、巻き込まれに行ったのかもですがね。

それこそ私が神社の御祭神のところへお詣りに行く様になったのは、当会に関わる様になってからとなります。

当会に関わり出してからというもの、本当に色んな事を体験しました。
やはり一番大きいのが、自分の身に起こったリウマチという病です。
約七年間、私は自分の病を通して、神様との縁を戴いた事で、人間の持つ治癒能力を最大限引き出して戴いて、今こうして元気に皆様に神様のお伝えをさせて頂ける様になっているのです。

神社の御祭神に、素直に、感謝を述べて暮らす事が、本当の人間としての生き方なのだと感じている次第です。こんな素晴らしい体験をさせて頂いたのは、誰にでも出来るんですよと伝える為に体験させて頂いたと思っています。

人間として生まれて来た以上は、人間が人間として本当の生き方に目覚める事が、大切な事であり、神様が望んでいらっしゃる事ではないかと思っています。

自分の行動にストップを掛けているのは、自分自身なんです。
まずは、行こうと思う心が大事です。
実際に行って、静かに手を合わせて頭を下げてみて下さい。
あらゆる事からお守り下さいと深く、深く、頭を下げてみて下さい。
そしてそれを続けて行ってみて下さい。

それが、スタートラインです。
人間と神の在り方を知るとは、神様が望んでいらっしゃる事を行えば、自分の生活環境が変わってゆきますから、どんな時でも神様がそばにおられ、守られていると感じられる生活が送れるという意味なのです。
 
》記事一覧表示

新着順:5/458 《前のページ | 次のページ》
/458