スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:2/451 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

定義

 投稿者:神周士の会 愉人  投稿日:2021年 4月18日(日)23時09分34秒 zaq31fa8eba.zaq.ne.jp
  通報 返信・引用
  愉人です、皆さん、前回の続きで会員の方と話をした時の内容を掲載させて頂きます。

この思いを伝える事って、簡単じゃないですよ、簡単であれば、どんな世界に於いても受け入れて貰えます、けど受け入れて貰えないと言う事は、どう言う事かって事なんです。
それを、あくまでも敢えて発信しようと言うのが、神の世界の事なんです、残さなければならないと、この時代にね、残して行こう。
そこは皆さんの、その経験と知識とで。

いやいや、今迄、言った経験と知識が、全部ひっくり返って来ている、今日この頃ですは。

でも、それが当たっているんでしょ?逆に言えば。

結局、今迄こうだ!こうだ!って決め付けていた事が全部違っているよ、と、言う事を教えられているからね。
それを、今、示されている訳ですよ。
結局、今迄の宗教とか、そう言うので学んで来たことが、結局ハッキリ言ったら人間が勝手に都合の良い様に神様を扱って来た証拠みたいなものですよね。

じゃあ、これをどうすれば良いのかって言うのは、人間の力では無理なんですよ。

無理、無理、結局、神様が人間に対しての思いに、纏りがついて無いと僕は思ったから。
必要が有って、人間を作ったんでは無いなって事が、この頃、分かって来たんですよ。
まあ言葉は悪いけれど、勝手に人間が現れて来たと言うか、どこかの神様が人間を作り出して来たと言うか、どこかの神様がこの3次元という世界を作ってしまってから、宇宙が生まれ、何やかんや生まれて、神も生まれて来て、結局、今のような形態になって行って、元々の神で在る、親神様の世界とは違う世界が、勝手に出来上がったんじゃないかと言うのが、この頃の疑問なんです。

けれど、そこには繋がりが在るから、勝手じゃ無いんですよ、全てに於いてね。

連綿としているからね。

だから連綿としている中で、3次元と言うこの次元が出来上がってしまっているから。

まあまあ、次元という言葉を使うのも、おかしな話でね、別に次元と言うものは無いんですよ一つなんですよね、只、人間が行けないだけだから、そこには。

だから物質と言うものが現れた世界が、やっぱり出来上がって来たのかなと思うんだけど。

物質と言うのは、地球が出来ている時には、もう物質は出来ているから。

いやだから物質と言うのはエネルギーが発生した時点から物質だから。

だから、もう、そこに、何故それが出来たかという解明なんて、まず無理!

解明しようとする人達のほうが愚か、そんな事は無理、想像でしか無い訳。
我々が今、何を発信しないといけないのかって事よね。
人間のあり方、神様と、どうお付き合いするかって言う人間のあり方、神と人間のあり方かな、一つのね、如何に神と付き合うか、付き合う事が出来るか、まずこれを検討してみて下さい。
今日、私が喋った事と言うのは、僕の頭の中には一切残ってませんからね。

今の言葉を私は叩き込まないといけないと必死なのに。

御免なさいね、これはもう宿命ですは。

そうですね、役割が分担、出来ているんだから、良いじゃないですかね、これが一人でやっていたら絶対破裂してますよ、分担出来ているから何とか人間生活が送れているんじゃないの?
だって私自身ホントに、一人ぼっちで生きているって、何で生きているんだろうなって思うもん、毎日、ご飯食べる為に暮らしているのにと、思っているよ。

そんなの皆一緒ですよ、仕事して、誰しも一緒、どんな金持ちであろうが総理大臣であろうが、どんだけ偉い人間であろうが、どんだけホームレスであろうが、毎日ご飯食べて酒飲んで寝るだけ、で、その中の過程で、金を稼ぐ為に身体を動かす、その分野が違うだけであって、やっている事はみな一つ、同じ事、これも書いてね、別に変った事は、皆してない。
言ったら職種が違うから、何一つ変わりない、ただ一つ変わりが有るのは、努力次第では、手元に入って来る労働の対価に対しての金額が変わりますよという事だけね

まあ、それもあんまり出したくは無いね、恨みを買う稼ぎ方も有るから。

でも、実際はそうなんです

良く分からないけれど、さっきの話に戻るけれど、恨みを持たれる可能性が十二分に有る世界だから。

まあ、有るでしょ、あってもそこで生きて居られるって事はね、恨みを持たれようがどうしようが、そこに生かされている、これが神との段取りなんです。

そうそう如何にそれを処理出来るかが、結局はその人の人生の楽しみ方になって来るんだろうなと思うからね。

だから、そこには、守護して下さる神様がいらっしゃるって事やね、そこに一緒に守って下さっている結局は。

若しくは一緒に神様が楽しんでいる可能性も有るのではと、この頃思っているから。


会員との話は一時、終わりますが、最大の定義として、今迄、人間が勝手に都合の良い様に神様を扱って来た事の改めと、本当の、神と人間のあり方、神様と、どう言う、お付き合いするか、如何に神と付き合うか、付き合う事が出来るかの話が残りました。

神様に祈る、深く深く頭を下げて思いを伝える、入り口的な話を、して来ましたが、本当に、守護して下さる神様が、いらっしゃるって事、いつも一緒に守って下さっている事を、感じましょう。

結局は、心が入り込む、心が安らぎを感じる所と、言う意味合いで、貴方の思いが届けられるような所に行かれては如何でしょうか、どこの場所でも良いです。

本当に貴方が思う事、貴方が本当に願う事になれば、貴方の波長が合う所に行って、深く深く頭を下げて思いを伝えてみては如何ですか。

又、会員との楽しい話を載せて行きますので宜しく拝読をお願いします。
 
》記事一覧表示

新着順:2/451 《前のページ | 次のページ》
/451