スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:38/426 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

高山集いの会ご報告と近況報告

 投稿者:神周士の会 九代  投稿日:2019年12月22日(日)17時28分29秒 i125-201-48-138.s42.a040.ap.plala.or.jp
  通報 返信・引用
  掲示板をご覧のみなさんご無沙汰しております、九代です。
掲示板の書き込みは半年振りです。今年は身の回りで色々な出来事がありました。
高山集いの会の話しの前に、身の回りの出来事について書きます。

まずは身体の事となりますが、最近になり関節リウマチの症状に変化が表れて来ました。ここ20日位ではありますが、とても体調が良いのです。数年前から毎週欠かさず訪れていた鍼灸院にも行かなくなりましたし腰・膝・足首の不調を感じなくなったんです。また今年1月から毎日飲んでいた膝に効くというサプリも飲まなくなりました。

飲むと膝の調子が楽だなと思っていましたが、ここしばらくは飲まずとも身体が楽に感じるんです。

眠りも深くなり、途中に何度も小水していた現象も無くなりました。

この様な状態になった切っ掛けはと言えば、1つは、8月一杯で以前働いていた会社を辞め、10月21日より新たな職場に移った事ではないかと思います。
新たな職場は、最寄りの駅から歩いて繁華街の外れにある場所なので、駅から20分程歩かなければならず、毎日往復40分時間差はあるにせよ必ず歩く生活に変わった事。

以前の会社は、最寄りの駅から歩いて5分、歩くことから遠のいた生活を送っていました。仕事のストレスや過密な労働時間により、休日も歩く事は殆ど無く、鍼灸院に通う休みの使い方でした。

以前よりこの病気に関わらず、歩くという事の大切さは会の方からも話があり、療養中は色んな工夫をして歩くようにしていましたが、以前の会社に就職したとたん、日を追うにつれ仕事への順応性が増せば増すほどに、会社の滞在時間が増え、反比例的に身体の不調が増していったという悪循環でした。

それが会社を辞めようと決心する少し前辺りから、自分の中で「これから身体が段々楽になって行くんだ」って心の中に沸いていました。
再就職活動中、ハローワークよりもネットのリクルートサイトに申し込み、エントリーをしながら過ごしていて、開始時間(以前の会社は午前10時から)が変わらないか少しでも遅い出社の会社は無いかや、駅から近い場所か、遠ければ車で出勤できる所はないかなど、身体に負担が少ない所を選んではエントリーをしていました。

しかし、お呼びが掛かるのは、通勤時間が1時間30以上は掛かるような所だったり、駅から直ぐの所は、最終面接まで行っても採用にならなかったりと、時間ばかり過ぎていました。

そんな時にフッと、以前いた会社で新たに学んだ経験を活かせる会社がハローワークのネット上で目に止まりました。早速ハローワークへ行き、その職種を募集している会社を印刷して貰うと、4社ヒットしたので、その4枚の求人票をテーブルに並べて眺めていると、ここだな!と感じ、1枚の求人票を手に取り、担当者にここへ電話をして頂けませんかと、掛けてもらうと、先方より履歴書と職務経歴書を郵送して下さいと告げられ、手配する事になりました。

送って直ぐに面談の連絡があり、数日後面談しました。面談担当者は福岡の所長さんで、とても人柄を気に入って下さり、入社という運びになりました。今月忘年会に会社の社長さんが本社(他県に本社がある)から来られ、初対面をしました。社長からは、うちの会社は、多少仕事が不慣れでも人柄重視で雇わせて頂いています。貴方も縁があってこちらに来て頂いたので、長くお付き合いできたら良いですねと言われ、気さくで物腰の柔らかい方だなと感じました。

結局入社を決めた会社というのが、開始は8時30分、最寄りの駅から歩いて20分のところだったのです。最初は出社時間が早いから大丈夫だろうかや、一週間ちゃんと出社できるだろうかなど、心配していましたが、仕事も少しずつ慣れる様なペースで、じっくり取り掛かれる内容のものから始めていますので、負担がほぼ無い状態です。

仕事の内容は、以前の時からは多少違いますが、私の病気の事も理解して下さり、所長さんからは身体が大事ですからと、ほぼ毎日午後5時30分には退社しています。
身体も元気になりつつ、心の負担も少ない所での再出発です。

今回仕事場が変わった事をまとめると、療養期間(1年半)が終わり、自分の身体が働き方に慣れるまでは、出社時間が遅く負担が少ない場所で働かせて頂き、身体の不調が和らいできたら、体調を整える為と体力をつける為に必要な環境を用意して頂いたというのが、私の感じたところです。

起った全ては、神様から賜った物事であり、月初めに氏神様へ毎月ご挨拶に行っている事が大きく関わる御守護だと思います。

ここまでが身の回りに起きた物事のお話でした。
身体が元気を取り戻しつつでの参加となった、今月の高山集いの会の話しに入ります。
毎年12月は高山へ集いに行きます。

今年は暖冬だなんてニュースで言われていましたが、高山に行く日が近づくにつれ、日に日に、寒くなってきまして、出発する日は、今年一番の冷え込みとなり寒空の下行って参りました。

会員の方々とは毎月2回はスカイプで集っていますが、実際にお会いするとやはり、心が落ち着くと言いますか、心地よい時間を過ごします。
いつもの事ですが道中の会話内容に端を発し、夜の直会で膨らむような構成になっていて、集う内容が神々から予め決められているんだと感じます。

神周士の会の直会でお出ましの神様がお酒をたしなまれるのは、もう恒例になりつつありますが、今回は、今私に注いだものの倍そなた達は注ぎなされと申され、心の中で「えーそんなに飲めないよー」と思いながら、結局飲むんですが、これが次の日にはそこまでひどい二日酔いにはならないというのが、いつも不思議に思う事です。ただ一人だけ、一番グイグイ飲んでいても、次の日一番ケロっとしているので毎回驚かされます。

お宿は、お米が美味しいと評判の所で、とっても夕飯・朝食美味しかったです。
お風呂は、源泉掛け流しで、こじんまりしていながら、居心地の良いお風呂でした。

露天は雪でも降れば、いいあんばいの雰囲気になっていたでしょうが、それだけは残念でしたねー、ある方からすれば雪を丸めて投げつけるものが無いから、今日の温泉は平和だなーなんて思っていたのに、人の目の前でバタ足何回もして「おらー!静かに入らんかい」と思ってしまいましたよ。

ただやはり、会からお伝えする事が溜まってきてもいますし、どこから手を付けたら良いのかを模索している我々に対し、今回はじっくり集わせて頂きました。
近々何かしらお伝えしていこうと思っておりますので、それまでは、自分の身の回りに起る事を良い方向へ向ける為にも、氏神様を大切にして、毎月一度のご挨拶はなさるほうが良いと思いますよ。

氏神様へご挨拶は大切ですよ。

神ノ大元ノ大神様、高山集いの会の参加の御許しを賜り、神に、神に、ありがとうございました。
私を御守護なされておられます神々の皆々様、神に、神に、ありがとうございました。
 
》記事一覧表示

新着順:38/426 《前のページ | 次のページ》
/426