スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:16/375 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

宗教が人間に何を与えたか

 投稿者:神周士の会 九代  投稿日:2019年 1月14日(月)20時28分28秒 i114-190-59-62.s42.a040.ap.plala.or.jp
  通報 返信・引用
  掲示板をご覧の皆様いかがお過ごしでしょうか。
三連休はゆっくりできましたか、正月明けの連休は嬉しいものですね。
嬉しい事があったら、嬉しい事を与えて頂きありがとうございます。と心の中で神様に祈ることも、大事だと思いますのでやってみて下さい。

今日は、宗教が人間に何を与えたかについて話を進めて行きたいと思います。
ある転機を向かえた時、何かにすがりたいと思った事はないでしょうか。大きな病気になって手術をしても助かるかどうか分からないと言われた時、或いは自立して会社を立てる時など、自分で結果が見えない事というのは誰しも不安になるものです。先を見通せる霊感の強い人は居ないか、占いはどうか、救いの団体などに目を配る事もあるでしょう。

その様な時に、救いの手ともいうべき事態が起こり、家族や友人などから、話をされる事があります。それは、宗教に入ってみてはどうかという誘いです。
誘う側からしたら、そこの宗教では奇跡が起こって癌が治った人がいるとか、事故に遭いそうだったのが寸前の所で助かった話など、人知では到底理解できない事柄を持ち出して、誘ってくる場合があります。

すがりたいと思う人からすれば、その事柄は喉から手が出るほど欲しいものかも知れません。家族がやっているのなら、友人がやっているのならという安心感もあり、入信してしまうケースです。この様な状態で入信すれば、恐らく一生懸命になって活動をされる事でしょう。いつか自分にも奇跡が与えられて病気が治る日が来ると信じての行動でしょうから。

元来宗教というものは、奇跡を起こす団体として興ったものなのでしょうか、こっちの団体は奇跡を起こすけれど、こっちの団体はダメみたいよとか、そういうレベルの話を昔聞いた事がありますが、宗教を最初に興した人は、どの様な理由から始めたのでしょうか、人間を創造した神に感謝が大事だとか神が望む人間の姿とはどうあるべきかや、人として暮らすためにはどの様な生活を送らなければならないかなどを教えようと開いたのではないでしょうか。

それがいつの間にやら、人間が作った人間の為の教えになって来たのではないか。
先程書いたケースでは、自分の我欲を優先させて行動するものであり、本来のあり方とはかけ離れている事だと思います。
団体も人数が増えていくと教祖、幹部、一般信者という風に組織的な階級が必要となり、新しく入信した者をいかに留め置く事ができるかをあの手この手でやっている様に思えてならないのは私だけでしょうか。

現在有名と言われている宗教にしても、これまでの歴史で分かるように、改宗しなければ滅ぼすとか、教えを広めるという大義名分で殺し合いをしているのですから、もはや最初に宗教を興した痕跡は、一つも残ってはいないのではないでしょうか。
残念ながら、人間の我欲が勝っていたという事でしょう。
宗教が与えたのは、自分だけが特別な存在で素晴らしい学びを行っているという自己満足の世界と、自分には奇跡が起こるという棚ぼた的な考えを植え付けただけなのかも知れません。

純粋に神の事を知りたいとか、人とはどうあるべきかなどを考え、行動したいと思われる方が居られるのならば、現在お住まいの近くにある神社へ行かれて下さい。
元気な声で挨拶を行ってみて下さい。
そして心静かに目をつむってみて下さい。

宗教が作った神からは得られない事を沢山学ばせて戴ける事でしょう。
一人一人が目覚めて、行動するべきときが来たんです。
他人が作った神を崇め友達と会えるから居心地が良いなんて言っている場合ではありません。
自分自身が神様と向き合い、そして対話をする、そういう世界を作っていかなければ、いつか宗教という大きな波にのみ込まれてしまいます。

 
》記事一覧表示

新着順:16/375 《前のページ | 次のページ》
/375