スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:31/381 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

高山集いの会を終えて

 投稿者:神周士の会 愉人  投稿日:2018年12月12日(水)11時06分39秒 zaqd37c3a05.zaq.ne.jp
  通報 返信・引用
  こんにちは愉人です、高山での集いの会に参加させて頂きました。
集いの会の内容も心に響く事柄が多くありましたが、今回感じた神社の違い体感したことを書かして頂きました。

12月8.9.10日に年末恒例の高山での集いの会に行ってまいりました。
今回は高山からの帰りに、伊勢に一泊して伊勢神宮にも行くことになりました。
都合3日かけての集いの会になりました。

高山では親神様の神社だけでなく、数カ所の神社にも挨拶に行くことが出来ました、その中で私が希望した2カ所の神社にも行かして戴けました。

伊勢でも神宮の外宮・内宮の他に数カ所、回らせて戴きましたが、高山での神社参拝と伊勢での参拝とでは、何か本質的な雰囲気、空気からして違うものを感じました、感じたと言うより体感したと言えるぐらいに、心に響く感性ではなく、物理的に匹敵出来る程の差を感じました。

高山では雪の降り始めに合い、白く浄め始まるが如くの空気が漂い、神様の皆様方が大手を振って、我々を、お迎えくださっているのを感じる位の雰囲気がありました。

神社に行けば荘厳さを感じます、伊勢の神社の大きさには較べようも有りませんが、存在感と空間を圧迫している迫力の強さ凄さを感じましたが、伊勢の神社では建物の壮大さ美しさには凄いものがありましたが、目に見えない荘厳さ迫力が感じられませんでした。
神々は居られると思いますが、高山のように出迎えて戴くという空気ではなく、伊勢では神々が空高く上から見下ろしているだけという感じがしました。

伊勢で思った事は此処、伊勢神宮は宗教であり、お参りに行くのも宗教活動の一つでしかないような状態。

本来、神々の皆様に御守護の御礼あいさつに行き、神の皆様と繋がりを保つが如くの幸せな時を過ごす時間、空間が、神社に挨拶に行く意義であり姿だと思うのです。

人間を集め権力を求め欲得を集めんが為の活動が宗教であり、伊勢を筆頭に観光地化している神社の神々は、何を思い、何を見ておられるのか創造できません。
宗教ではなく、人間本来の神様との関係、恐れ多い言葉ではありますが、神々との付き合い方を、考え直さなければならない時が来ています。

なぜならば、私達は2泊した各旅館で2回直会を行い、その都度神々の出席も戴き、叱咤激励されながらも、我々人間に対してお付き合い下さいました。
これは、これからの時代の、お付き合いの一つの形で有ります。

氏神様に挨拶に行く、御礼を言う、その時に背筋に何か通った感じ、温ったかいものが走ったとか、その時、氏神様からのメッセージを戴いているのでないのですか、そんな事柄一つから氏神様、神々との繋がりが出来るのでないのですか。
まずは氏神様への挨拶が大切ですよ。

もうすぐ新年を迎えますが、初詣に出かける時には氏神様に挨拶してから他の神社に参りましょう。
いつも傍で御守り戴ける神様と観光地化した神社で、神々が空高く上から見下ろしているだけの神様、どちらの神様との繋がりが大事か、すぐにお解かりだと思いますが、氏神様には、ご挨拶に行かれますよう、お薦めいたします。
来る年も何が起こるか分からない世の中になると思いますので何卒、氏神様との繋がりをお持ちください。

今回の集いの会では信仰、神を崇め奉ると言う事の思いと、宗教とは違うと言う事を特に実感した集いの会でした。

 
》記事一覧表示

新着順:31/381 《前のページ | 次のページ》
/381