スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:88/426 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

根の強さ

 投稿者:神周士の会 九代  投稿日:2018年 9月24日(月)15時49分49秒 i114-184-213-23.s42.a040.ap.plala.or.jp
  通報 返信・引用
  掲示板をご覧の皆様いかがお過ごしでしょうか。
寒暖の差が大分激しくなって来ましたね、お身体には気を付けてお過ごし下さい。

今日は、根の強さというお題目で話を進めていきたいと思います。
最近のニュースでよく耳にするのが、台風の被害で神社の御神木が倒れたというもの。私も気になって色々調べてみたところ、東日本大震災が起こる数年前より各地で御神木が根元から折れるという事態が起こっていたとか。

樹齢何百年という御神木が根元から折れるという事がどういう事か、二つ考えられると思います。一つは、倒れるその日までに起こったどの風よりも強く、耐えられなかった、二つ目は、御神木を守る神々の力が弱くなった又は無くなった。

確かにここ数年の風速を見ていると、海面温度の上昇でかなり強いものになっています。しかし、いかに強い風であっても、根がしっかりとしていれば倒れる事は無いのではと思います。それは倒れた御神木の周辺の木々が全て倒れているという訳では無いからです。

御神木と言われているものだけがピンポイントで倒れているという事は、御神木だけの話に止まらず、倒れた御神木がある神社にいらっしゃる御祭神の方々の事も関係しているのではないでしょうか。
神社がある敷地内は、本来聖域となっており、沢山の神々が色んな御役でいらっしゃり御神木を守る神様もいらっしゃると思います。
御神木が倒れるという事は、やはりそこを守る神様が不在になったか、或は僅かになってしまったのかというところに考えが向いてしまいます。

では、なぜ神々は御神木を守る事に力を注がなくなってしまったのでしょうか。
考えられる事は、守るべき人々が居なくなったのではないかというもの。
日頃お世話になっている御祭神に対して、真剣に感謝申し上げる人が居なくなったから、神々としては守るべき人間が居なくなったと思われたとも考えられます。

これは、御神木に限らず、堤防にしても山崩れにしてもそこを守る神様の力が強ければ、乗り越える波から人々が守られ、山崩れが起きにくい環境に繋がって行くとも考えられます。
ただ、災害が過去に何度も起きている場所では、違う形で神様はサインを送っていますので、もうそこを離れるしか方法は無いかも知れません。
離れたとしても命があれば何度でも再起はあります。

私達は今色んな災害にさらされた真っ只中に居ます。
貴方の住んでいる地域を守る御祭神に、守って戴く人間はここに居ますという意思表示をする為にも、日頃の感謝をきちんと行ってみてはいかがでしょうか。
根がしっかりした御神木が、これからも長く長く倒れずに守って戴けるものになる事を願います。
根の強さとは、人間が神様を慕う心の強さと比例しているのかも知れませんね。


この記事で不明点または聞きたい事がありましたら、当掲示板に遠慮なくご質問または下記管理者までメールをお願いします。

また何かありましたら書かせて頂きます。
 
》記事一覧表示

新着順:88/426 《前のページ | 次のページ》
/426