スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:142/462 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

宗教関係者との出会い

 投稿者:神周士の会 九代  投稿日:2018年 5月 9日(水)07時07分32秒 i219-167-67-88.s42.a040.ap.plala.or.jp
  通報 返信・引用
  掲示板をご覧の皆様いかがお過ごしでしょうか。
ゴールデンウィークも終わり、慌ただしい日々が始まりました。
今日は5月7日、月曜日の出勤途中にあった出来事を書いてみようと思います。

朝いつもの様に最寄りの駅まで歩いていました。駅までは凡そ20分弱の道のりを十数分歩いた頃でしょうか、突然、後ろから誰か近付いて来たと思うと右横から顔を覗き込み私にこう聞いて来ました。

足はどうかされたんですか?怪我ですか、病気ですかと、私のぎこちない歩き方を見て声を掛けて来たのでしょうが、ちょっと失礼ではないかと思いながら、なぜですかと問うと、おばあさんは、手かざしで楽になりますよと言われます。

私は直ぐにああ手かざしなら真光の人かなと思っていたら、おばあさんのほうから崇教真光はご存知ですか?と聞かれたので、はい知っていますと言い、私も十数年前までそこに居ましたからと答えました。

おばあさんは驚いた様子で真光という名前の宗教団体はいくつかありますが、崇教のほうですよと言われるので、はい崇教真光に十数年前まで居ましたと繰り返したところ、そうだったんですか、でもなぜ辞めたんですか勿体無いと言ってきました。

私はおばあさんに、こう言いました。
上から下まで真っ直ぐ通った教えがないでしょう?あっちこっちで幹部が言っている事が違っていて、一本になっていないものを信仰と呼べるのですかと言うと、でも天地創造の神様ですからねと言われますので、天地創造の神様と言うのは物質世界を創造された頂点のお方でしょうから、その上にも神様がいらっしゃるとは思いませんか?そこを頂点として崇めているからおかしいのではないですかと聞いたところ、詳しくは分からないという事でした。

次に手かざしについて聞いてみました、先程手かざしで楽になると言われていましたけど、手かざしは何の為のものですか病気治しの道具ですかと聞いたところ、いいえ違いますと、病気治しでは無く霊的な汚れを取って頂けるんですよと言われますので、霊的な汚れがあるか無いかなんて誰が分かるのでしょうねと返すと返事が無かったので、こう言いました。

手かざしとは、神様が奇跡をお見せになられる為に使うようにと、降ろされたものだと思うのですが、今、真光は奇跡は起きているんですか?と問うと返事はありませんでした。

それと、現在は三代目が継がれていると思いますが、三代目から神様からの新しい啓示はありましたか?二代目の時も無かったのではないですか?結局初代の岡田さんが受けた啓示を元に今も繰り返し学ばれているだけなのではないですか?と、出ていると思いますがよく分からないとの事。

先程私の足はどうされたのかとお聞きでしたが、私はリウマチなんですよと答えると、驚いた様にああ、難病のと言われますので、私は次の様に続けました。

リウマチになったばかりの頃は、歩くのもままならない状態で動けなくなる寸前まで行ったんですよと、それが今位の状態まで回復したんです、なぜだか分かりますかと聞いたところ分かりませんとの事だったので、氏神様にご挨拶はされますかと尋ねたら、殆ど行ってませんと返答でした。

私はでしょうねと、真光は神社に重きを置いていませんから、私も真光に居た時は神社には、初詣以外行っていませんでした。でも道場へ来なさい道場へ来なさいと言われ沢山の喜捨をしていましたが、貴方も沢山喜捨していますよねと尋ねると、はいと返って来ました。

私は今、氏神様に毎月ご挨拶に行ってここまで身体が回復したんですよ、こういう回復を奇跡と言うのではないですかと言うと、まあー!っと驚いておられ、真光では道場に何かにつけ喜捨するよう言われますけど、神様がそんな事をして欲しいと思われているのですかね、私は神社に行った時でもお賽銭をしない時もあるんですよ、ただただ神様と思いを繋げさせて頂きたいという思いだからです。

私の話を聞いていたおばあさんは、話すことが無くなってしまったのか黙ってしまったので、最後にインターネットはされますかと問うと私は81歳ですからインターネットはやりませんと言われていたので、ここでお会いしたのも何かの縁でしょうからとお互いの名前を教え合って別れました。

通勤途中の僅かな時間ではありましたが、思わぬ所で現役の真光の方が向こうから寄って来て生の声を聞き、また、こちらから色んな話が出来るとは思ってもいませんでした。
しかしこれも神様の仕組まれた事なのだろうな、すごいなと朝から清々しい気持ちになりました。
神ノ大元ノ大神様、全てを戴いております。
神に、神に、ありがとうございます。

私が真光に居た時もそうでしたが、良い話しばかり聞かされて、鵜呑みにしていた事が沢山あったと思います。
一つの所に長く居ると、余程の事が無い限り生活を変える事は困難かも知れません。ただやはり宗教施設が単なるレクリエーションの場になってはいないかとこの頃思います。齢を取って来ると寂しいけど宗教施設に行くと知り合いが大勢いるから安心と、足しげく通っている方も多いのかも知れません。

これを読まれ何かご意見等ございましたら、掲示板又は管理者までメールをお願い致します。
 
》記事一覧表示

新着順:142/462 《前のページ | 次のページ》
/462