スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:157/468 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

お召し上がりください

 投稿者:神周士の会 九代  投稿日:2018年 3月 8日(木)21時10分53秒 i219-167-67-88.s42.a040.ap.plala.or.jp
  通報 返信・引用
  掲示板をご覧の皆様いかがお過ごしでしょうか。
前回の投稿で、お仏壇にお膳をおあげする時にどの様な挨拶が好ましいのか、一部修正をさせて頂きましたが、掲示板をご覧の皆様は実践なさってみられましたでしょうか。

修正の通りでおあげしてみたら、温もりを感じた等何かありましたら、是非投稿してみて下さい。

今回修正を加えさせて頂いたのは、御先祖の皆様に対しての挨拶です。
挨拶文中に「どうぞ皆様全員でごゆっくりお召し上がりください」という言い回しがありますが、これは、あくまでも過去に肉体を持った事がある方への思いであり、実際には召し上がる事は出来なくも、御先祖がいらっしゃって子孫が繁栄させて頂いている感謝の思いで使っている言い回しです。

日本には色んな宗門宗派、宗教団体が存在し、自宅にも神棚を祀っている方々がいらっしゃるでしょう、神棚や祭壇などに挨拶する際「おあげしたものをお召し上がりください」と使用してはいないでしょうか。

もし神様に対して「お召し上がりください」と使用しているのなら、それは改めるべきではないかと思います。
神様はお召し上がりなどなさいません。
人間の為に環境を整え、全てをお与え下さっています。
神様におあげするというのは、神様から与えられた環境で育まれたものをお与え戴きましてありがとうございますと、感謝を伝える事です。

お陰様で素晴らしいものが出来上がりました、どうぞお召し上がりくださいとは全く意味合いが違うものなのです。

神社に御奉納する献酒にしても、参拝の感謝を表す一つの物品として使用するものであり、御祭神に対してお酒をお召し上がりくださいという意味合いではありません。

くれぐれも、履き違いなされないようお気を付けください。
今回は、お召し上がりくださいという言葉の使い方について、お話しさせて頂きました。
また御伝えする事が出来ましたら投稿させて頂きます。

 
》記事一覧表示

新着順:157/468 《前のページ | 次のページ》
/468