スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:166/476 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

~お知らせ~

 投稿者:神周士の会 九代  投稿日:2018年 3月 4日(日)13時15分47秒 i219-167-67-88.s42.a040.ap.plala.or.jp
  通報 返信・引用
  掲示板をご覧の皆様いかがお過ごしでしょうか。
今日は、御先祖というカテゴリー内容に一部修正を加えましたので、簡単に修正内容を列記します。
まず、先日御使いの神様より御示し戴いた、神棚からの、仏壇からの心地よい温もりを世に伝えよとありましたので、御先祖のカテゴリー内<神の世界と御先祖の皆様>の項目に文言として追加させて頂きましたので読んでみて下さい。
その他に下記部分の修正をしておりますのでご確認下さい。

〇<人間の魂>の内容に、人間の身体に宿る神様がいつ頃肉体に入られるのかを追加しました。

〇御先祖様という言葉を御先祖の皆様と修正しました。
 御先祖は大勢いらっしゃいますので、皆様としました。

〇この項全般的に、神ノ大元ノ大神様から連綿、を神ノ大元ノ大神様より連綿と修正しました。
 からとは、空と変換でき、神様との繋がりが空くという意味合いになります
 よりとは、寄りと変換でき、神様に寄り近づくという意味合いになります。

〇仏壇にお供えという言葉をおあげという言葉に修正しました。

〇仏壇におあげしたものを引く時の言葉で、「お下げさせて頂きます。お粗末様でございました。」という表現は、おさげさせて頂きます。のみとして修正しました。

〇仏壇にご挨拶する際の「お食事」の用意が、という「お食事」を「お膳」、又は「お膳とお酒」という言葉に修正しました。

お供えという字は供養の供でもあります。供養という語源は仏に仕えるものに対して衣服・食物・財物などを奉げて養うこととある様に、供養もお供えも日本に伝来した仏教が用いていた言葉ではないのでしょうか。
であれば、元来日本で神様に奉げる為に用いられていた言葉があったはずです。
そこで、言葉の語源に縛られないものとして、今回、おあげする、あさげするという言葉に変えさせて頂きました。
尚、お粗末様については、以前も触れましたが神様が御造りになられた食物に粗末な物など無いという意味合いで、使わない様にしました。
修正分をご覧になり、是非実践してみて下さい。
その他、疑問・質問等御座いましたら、掲示板か下記管理者までメールをお願いします。
 
》記事一覧表示

新着順:166/476 《前のページ | 次のページ》
/476