<思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


神のエネルギー

 投稿者:神周士の会 愉人  投稿日:2020年10月 2日(金)13時05分41秒 zaqd37c3a05.zaq.ne.jp
返信・引用
  愉人です、皆さん、10月になりました、氏神様に、挨拶に行かれましたか。

今回は、子供と大人のエネルギー吸収について述べさせて頂きます。

聞かせて戴いた話の中に、細胞の一つ一つに神が宿り司どってる、どんな神でも人間の細胞を新しいものに全部入れ替える事ぐらいは出来ると聞いた事が有ります。

細胞の中に居る神と呼応するのでしょうかね。

特に、この頃、思う事は、子供、特に赤ちゃんは成長が早いし、生命力に溢れていますね。
やはり細胞の中に居る神々のエネルギーを吸収する力が凄いのだと思います、されど大人に成ると生命力が落ち、年寄りに成ると細胞も活動が悪く成る。

子供は何故エネルギーの吸収力が強く、年寄りに成れば弱く成るのか疑問が湧いていました。
しかし、人間は成長するに従い、心の鍛錬を神様より与えられます、それによって清まる方も居れば、心が曇る、宗教的に言えば、汚れる穢れるが起きます。

子供達の心は素直で明るく、澄んだ微笑ましい思いを醸し出してる。
ですから神様から好かれエネルギーの吸収も良く。
心曇り穢れた心の思いを持つ、大人たちは神様からのエネルギーを戴け無い様に成り、細胞まで穢れ汚れ、滅びて行く様に思われます。

心清く素直なれば、神々からエネルギーを貰え、日々細胞の浄化が起き新しい細胞が幾度も入れ替わる人間に、大人に成って行ける。
しかし、心曇り感謝すら忘れ、神々の存在自体も自覚出来ない人間には、エネルギーは行かず、逆に宗教で間違った神々への思いを募らせ、体を朽ち果てさせて行き、神から授かるエネルギーでの浄化作用さえ遠ざけて行き、本質の神々から遠ざかるのと同じく、肉体も完全なる健康から遠ざかる道を今の人間は選んでおります。

子供の様に、知らず知らずの内に、素直に全ての事を神に感謝する事を実践しなければ、生命力溢れるエネルギーは戴け無くなると思います。
子供達は良いも悪いも無く、全ての事や、神のエネルギーを受け取り生育している。

大人は己の我の末路と言うか物事に関しての感謝よりも、自分個人の感情、自己満足が先に立ち、感謝より先に不足を言い始め。
子供の様に何も解らずとも全てを受け入れる事が出来る心が有ると、同じ物を食べ、エネルギーを戴いても違うかと。

そして、子供の心が曇って居れば、成長が、どの様に成って行くか、肉体的な物か、精神的な物かの成長が無くなるだろう。

神に感謝して行けばエネルギーを戴け、肉体も浄化が許される。

しかし、今の宗教の様に、日々、神から離れる事を行えば、肉体の浄化は望めないと思う。

本質の神に感謝するで無く、神を騙り、人々に本質の神とは違う事を説き、導き穢れて行き、本質の神より遠ざかる事をしているのが宗教で有ります。

信仰と宗教とは違う物で有る事を、今、世に問いたいと思います。

信仰を行い、本質の神と、繋がれば、老化する肉体も変わって来ると思います。

子供様な、素直さと心の清らかさを、持って、神々と付き合えたならば、どんなにか若々しく、瑞々しい大人で居られるか楽しみです。

やはり、神々への感謝を伝える為にも、氏神様への挨拶が大切ですよ、神様は皆様を、お待ちかも。
 

神のエネルギー

 投稿者:神周士の会 九代  投稿日:2020年 9月17日(木)14時22分13秒 i220-220-3-117.s42.a040.ap.plala.or.jp
返信・引用
  人間はいかなる時も神々より守られています。

その証拠に、当HPに掲載されている正しい祈り方で祈らなくても、またはどこかの宗教団体に所属していてそこの教祖が創作した神の御名で唱えたとしても、神々より守られているという事実に変わりありません。

1つ間違えてはならないのは、宗教団体の教祖が創作した神の御名が神に通じているから生かされているのでは無く、神は人間を守る役目があるから生かされているという事です。

では御名は何でも良いのではないかと問う方も居られるでしょうが、これは祈る方次第と言わざるを得ません。
どなたに、どの様な心持ちで、祈るかです。
因みに、私が神ノ大元ノ大神様と唱えてご挨拶すると、身体全体が暖かくなりポカポカして来ます。
会員で神の言葉を授かる方が言うには、ポカポカ暖かくなるという事は、思いが通じているのだそうです。

後、ポカポカを感じる要素として大事なのは、神に対して清らかな心かという事です。どうせ何も感じやしないという思いで祈るのか、日頃生かされている事に感謝していますという穏やかな思いで祈るのかです。

どう祈っても身体がポカポカしないという方は次の事に注意が必要です。

人は、様々な物事を経験する事で鍛えられ、人として心を磨いて成長していくのですが、清らかな心をいつも胸に忘れなければ、いつでも神様と向き合う事が出来、最善の策を導いて戴けるでしょう。しかし、我欲の心が入って来ると、清らかな心が無くなって行きます。

清らかな心が少なくなって行くと、神様と向き合えなくなって来るのです。神様と向き合えないとは、神のエネルギーを戴く事が出来なくなるという意味です。
言い換えれば、いつでも清らかな心であれば、神のエネルギーがいつでも戴けて、祈る度に身体もポカポカして来るという事です。

これは見分け方がありますので、自分自身でも鏡を見てみて下さい。
神のエネルギーを戴いている人は、何歳になっても若々しく穏やか人相ですが、あまり戴いていない人は、年齢よりも老いており人の言う事を聞かなくなっています。
その様な人はやがて、エネルギーが全く戴けなくなり、自ら命を絶ってしまいます。

本来人は、神のエネルギーと必要最低限の食べ物だけで長く生かされる筈なのですが、現在は神のエネルギーが入り難い状態になっているが故に、不必要なものまで身体に入れる事で短命になっているのではないでしょうか。

神のエネルギーを戴いていないかもと思われる節がある様なら、純粋だった頃を思い出し、心清らかに、日頃の感謝を伝える為に神社へ行き、静かに祈ってみてはいかがでしょうか。
思い立ったが吉日ですよ。
御祭神の皆様はお待ちになられています。
 

暑さ

 投稿者:神周士の会 愉人  投稿日:2020年 9月 2日(水)14時22分14秒 zaqd37c3a05.zaq.ne.jp
返信・引用
  愉人です、皆さん、9月になりました、氏神様に、挨拶に行かれましたか。

皆さん、夏本番と言いますか暑いですね。
年々夏の暑さが変化して暑く成り、天候も変化し、それに伴って体調も変化し、汗と言う汗を全部かき尽すまで暑くなっております。

これは、神様からの人間に対しての試し鍛えに成るのか。
自然に対する人間の感謝が無いから、知らしめる為に気候を操作されているのか。
皆さんは、どうお考えです。

私は汗を出す事は良い事だと思っています、体内の毒素を体外に排出してくれているのだから、汗は出るに越したことは無いと思います。

何事にも感謝をして行くのなら、汗一つ、かくのも感謝を持って生活して行く事が大切だと思います。

気温一度上げるだけでも神々は、どんな努力をして頂いているのかを、考えるのにも暑さを体験するのは良い事だと思います。

やはり、神々への感謝を伝える為にも、氏神様への挨拶が大切ですよ。
 

もうすぐお盆ですね

 投稿者:神周士の会 九代  投稿日:2020年 8月 8日(土)18時26分43秒 i118-17-62-236.s42.a040.ap.plala.or.jp
返信・引用 編集済
  社会人の夏休みと言えばお盆という方が多いのではないでしょうか。日本の風習では迎え盆を8月13日として送り盆を8月16日としている地域が多く、盆休みを13日から15日ないし16日までという会社が殆どです。

また、亡くなられた方が肉体を持っていた時に縁があった家に戻るのが、8月13日とも言われていて、迷わない様にと玄関先に灯篭などを吊るすところもある様です。

8月5日~7日にかけて体験した事を書かせて頂きます。

朝、車で信号待ちをしている時です。どこからともなく車の周りに物凄い数の赤とんぼ(西日本ではウスバキトンボ又は精霊トンボと言う)が集まってきて飛び回っているじゃないですか、うあー、今年は赤とんぼ多いんだなあなんて思いながら、他の車を見ましたが赤とんぼが飛び回っているのは、私の車の周りだけの様でした。

不思議に思いながら暫くすると渋滞となり止まっていた時です。ボーっと正面を見ていると蝉が一匹右側から道路内に飛んできました、その蝉の動きを目で追っていると左に大きく旋回し始めました、するとそのまま真っ直ぐに私の車のどてっぱらに体当たりして来たんです。
ボン!と音を立ててぶつかりました。

その道は6車線道路になっており、自分は外側から数えて3列目に止まっていましたので、蝉は2列の車を避けて突進して来た訳で、どう考えても狙って来たとしか思えない動きでした。

何で?と更に不思議な思いに駆られながらも家からどんどん離れて行くにつれ不思議と虫に遭遇する事も無くなり、何だったんだろうなあなんて思いながら、用事が済んだので、家に戻っている途中です、後5分位で家に着くなと思って信号待ちをしている時です。

一匹の赤とんぼが、ふらふらと飛んで来てフロントガラスの左端から右端までジグザグにゆっくり飛んでいます。おいおいどうした?今日はいったい何なんだと思いながら家に着きました。

家で、朝食を食べながらテレビを見ていた時です。
フッとベランダに目をやると、黒っぽい何かがこっちに向かって来るのが見えました。
レースカーテン越しだったので、寸前まで何か分からなかったのですが、間近に来てやっと蝉だと分かった途端リビングに面する窓にバーン!と体当たりして来たのです。
おお?おいおい何なんだと

さすがにこれは何か変だと思い、神様の御伝えをされる方にメールをしたところ、お盆も近くなりましたねと返事が来ました。
私はハッとしました。お盆は13日から16日と言われているので、13日よりも前に起こった事をご先祖と結びつける事が出来なかったのです。

でもあんなに沢山の赤とんぼが来たという事は、本当に沢山のご先祖の方々がお盆に戻って来られたのだなと思うのと同時に、車や家の窓ガラスにぶつかって来たトンボや蝉は沢山集まって来たものとはちょっと違う意味合いではなかろうかと。

6日の夜の事です。
テレビを見ていると、リビングに繋がっている畳敷きの部屋に誰かが座る様な畳が擦れる音と共に気配があり、うん?と音の鳴る方を見ました。
けれど当然誰も居ません。廊下を挟んで北側の小部屋には妻が居ましたが、リビングの戸を閉めていたので、妻であればまず戸の開く音がする筈です。

ここまではっきりした音を聞いた事は今迄ありませんでしたが、お盆が近いからなと特に気にしないようにしてテレビを見ていました。すると、廊下に続く戸が開く音がしてフローリングを歩き誰かが近寄って来た気配があったので、妻がそばに来たのかと後ろを振り返ったのですが、戸も開いていなければ誰も居ません。

それでも尚、ご先祖の誰かが子孫の様子でも見て回っているのだろうと思う様にしていたのですが、去年もその前もそんな体験はありません。ちょっと様子がおかしいなと思いながらも眠気には勝てず布団に入る事にしました。

横になると直ぐに眠気が来て寝入りました。
夢の中で、誰かが私の両肩を握っていて、揺さぶっている感じです。
顔は分かりませんが、男性の様でした。
私は夢の中で目を覚まし、寝ている自分の腹に誰かが座っている様な光景が見えました。白いTシャツを着ている男性の様でしたが首から上は見えません。その内に段々重苦しくなって来て、唸り声をあげて目が覚めました。ハッと目を開けますが、横の妻以外誰も居ません。

妻が、何かうなされていたけど大丈夫?と声を掛けてくれました。
ああ、大丈夫何か怖い夢を見たと呟き、物凄い汗をかいていました。その後私は、神ノ大元ノ大神様、神に、神に、ありがとうございます。と数回唱え眠りにつきました。

朝目が覚め、夜の出来事はご先祖の方が関係しているのか気になったので、神様の御伝えをされる方に再度メールをしてみました。
すると、返事が来て、兄(13年前に亡くなった)だった事が分かりました。家族の事を心配して何かを私に伝えたくてお盆に来ているそうです。

神様の御伝えをされる方から、気配を感じる前に、神前にて、
あらゆる事からお守り下さいと、各神々様に祈れば、穏やかにご先祖が来られますよと伝えられました。
7日の夜になり、各神々様に伝えられた通りに祈ると寝る前の間も何ら物音もせず、寝ていてもうなされる事も無く眠る事が出来ました。
穏やかに来られたのかどうかは分かりませんでした。

今回の体験で、赤トンボが来たのが5日なので、その時点でご先祖が来られたのではないかと思われます。
お盆とは冒頭で書いた通り13日から16日となっていますが、風習は風習として、いつ来られるかでは無くどういう思いで迎えるかが大事ではないかと思います。

ご先祖を思い感謝する心は、遡れば神様まで通じるという思いの元にお迎えする事が大事ではないかと感じました。

神ノ大元ノ大神様、新たなる祈りのお言葉を授けて下さいまして、
神に、神に、ありがとうございました。
 

御礼

 投稿者:神周士の会 愉人  投稿日:2020年 8月 4日(火)22時48分14秒 zaqd37c3a05.zaq.ne.jp
返信・引用
  愉人です、皆さん、8月になりました、氏神様に、挨拶に行かれましたか。

皆さん、梅雨もやっと終わり、夏本番に向かいますが、今、世界から見た日本がどんな状況か、ご存じだと思いますが、まず中国の尖閣列島侵入、そして最終には沖縄近海への侵略。
東南アジアの経済問題、そしてコロナ感染の危険が増えて来ている今日この頃ですが。

日本国内は変な落ち着きが有るように思えます。
経済危機が戦争の勃発の危険が有るのに、騒いでいない日本人。

やはり日本と言う国は神様の御守護を戴ける国で有ると言う証明なのか、落ち着いている空気を感じます。
だからこそ、私はやはり、氏神様への挨拶が大切だとしか言えないです、皆さん、今、これだけの御守護を戴いている事の御礼をする時だと書かせて頂きます。

皆さん、氏神様への挨拶大切ですよ。
 

どちらを選びますか

 投稿者:神周士の会 九代  投稿日:2020年 7月18日(土)14時53分9秒 i118-17-62-236.s42.a040.ap.plala.or.jp
返信・引用
  最近のニュースを見ていますと日本国内の犯罪や事故が本当に多くなったなと思います。
一日一回は少なくとも何かが起こっているという事でしょう。
犯罪の動機が我がままなものも増えた様に感じます。

わがままで自分勝手な人が増えたという事は、相手の痛みが分からない人が増えたとも言えます。当然そういう人は自分が同じ目に遭ったらどれ位痛いかなどは考えません。
むかついた時に、暴言や暴力を使って自分が気持ちよくなれればそれで満足するだけなのでしょう。

この方々が起こした事は、考え方を変えれば神様から使われたと言えます。
どう使われたのかと言えば、世の中から排除するために、です。
では、被害に遭われた方はどう考えればよいのでしょうか。
この方々も神様から使われたと言えるでしょう。
世の中から排除されるものの為に、です。

でも本当なら、どちらの使われ方も大変な事になる訳ですから遠慮したいところですよね。

今、色んな事が世界中で起こっているのは、何なのか。
上に書いた事から薄々感じた方がいらっしゃるのではないですかね。
この事でご意見がある方、どうぞお書きください。

ただ、言わせて頂くと、わがままに育とうが育つまいが分別が付けられる方は大勢いらっしゃるんですね。
日本で生まれるという事は、そういう事です。

ま、そういう事も含めて、他の方々も色々考えてみてはいかがでしょうか。
これからはね、神社にもきちんと行って、平身低頭挨拶をしましょう。
おー、よく来てくれとるな。
かわいい人間じゃと、思われるくらいに行ってみたら良いじゃないですか。

貴方の元にしょっちゅう挨拶に来る人が居れば、その人の事をかわいく思うようになるでしょう?何かしてあげたいなとか、有難いなとか思いますよね?

思いは、伝わるという事です。

そんなにかわいく思っている人間を、神様はどうなさるのでしょうね?
神社へ行かれたら如何かと思います。
 

大雨災害

 投稿者:神周士の会 愉人  投稿日:2020年 7月 3日(金)18時57分7秒 zaqd37c3a05.zaq.ne.jp
返信・引用
  愉人です、皆さん、7月になりました、氏神様に、挨拶に行かれましたか。

皆さん、氏神様への挨拶大切ですよ。コロナ感染が落ち着いて来ましたが、まだまだ安心は出来ませんが、今度は天候不良により大雨が降り続く日々が来そうですね、洪水災害が有れば避難を優先にするように指示が出て来ています、コロナ感染の危険が増えますが、密に気を付けて非難を、するように要請が出ています。

コロナよりも水害の被害の方が大きいと言う事ですが、何故、水害が起きるほどの大雨が降るのか考えて、いますかねと私は考える、この頃です。

やはり神々が何かを行おうとして、コロナの感染、又、気候変動など、人間に対する何かを神々が進めているのが現状だと思います。

御守護を戴ける人と、戴けない人の違いは何なんでしょうかね。
私はやはり、氏神様への挨拶が大切だとしか言えないです、皆さん、これからは、大雨だけでは無く、まだまだ、他にも人間に対しての試練が沢山、来るようになるでしょう。

皆さん、氏神様への挨拶大切ですよ。
 

奇跡の日本

 投稿者:神周士の会 愉人  投稿日:2020年 6月 1日(月)11時31分39秒 zaqd37c3a05.zaq.ne.jp
返信・引用
  愉人です、皆さん、6月になりました、氏神様に、挨拶に行かれましたか。

コロナの感染が続いておりますが、日本と言う国は、いかに神様から愛され御守護を戴いているか、皆さん感じておられますか、意外と日本人は自覚されていない人が多いと思います。

逆に外国は、奇跡の日本と称賛しだしました。

初期対応の在り方、検査の有り方、ロックダウンにしても批判ばかりが多かった日本の対応が不味いと、大変な事態が起こると予想されていたものが、現実は訳が解らないが対応が成功し、死者数も少なく人々がパニックを起こす事も無い、日本は奇跡が起きていると話題に、今、成っています。

しかし、神様と供に歩む日本人が御守護を戴けるのは当然の事、神様と神様の間で生活をさせて戴いている人々なら護らて当然、有り難い事ですよね。

今、まさに神々から御守護を戴いている事を感謝しましょう。

神々に御守護の御礼と感謝を氏神様から伝えて頂く為に、ご挨拶に行きましょう。

皆さん、氏神様への挨拶大切ですよ。
 

求められる者

 投稿者:神周士の会 九代  投稿日:2020年 5月 5日(火)22時03分44秒 i220-220-213-70.s42.a040.ap.plala.or.jp
返信・引用
  今回のコロナ禍では、人が二極化している状態が浮き彫りになったと思います。
人はみな幸せでありたいと願い、行動や振る舞いに気を付けて生きています。
だが、自分がいかに注意をしていても災いというのは、突然やってきて思いも寄らぬ方向へと進んでしまう事もあります。

自分は大丈夫だと思っていても感染してしまう人もいれば、周りに感染者が居ないから自分は安心だと思っている方もいるでしょう。では一人が感染してしまったら、次から次へどんどん際限なく広がっているかと言えばそうではありませんよね。

反対に感染者が自分の周りに居られないという所もあるでしょう。
その方の周りの人々はみな強運の持ち主なのでしょうか、それとも、もう何回も感染している人が沢山いて抗体があり安心なのでしょうか?

どの状態が合致するかが問題ではなく、御守護を戴いているかが問題なのです。
御守護を戴いていれば、感染者が隣にいても感染しないでしょう。
御守護という膜に守られているからかも知れません。

こういう書き方をしてしまうと、御守護イコール感染しない事と捉えてしまうかも知れませんが、御守護を戴いていれば困難な状態であっても切り抜ける為の仕組みが起きるという事を言いたい訳です。

日本は神が託す国と以前、神示しがあったように、神が託す国に住んでいる私達が日本を汚す様な行為をしてはならないのです。
日本で生まれ日本で育てば、みな日本人なのです。
人に対する思いやり、人助けの精神を自然に身につけさせて頂ける環境で暮らしているのです。

命を張って頑張っている方々に対して、誹謗中傷をする人は日本人としての精神を学んでいない残念な人だと思います。

神様が求めていらっしゃるのはどんな方かは、もうお分かりですよね。
氏神様にいつも感謝です。
神が託す国の人間だという事を忘れないでほしいと思います。
 

感謝

 投稿者:神周士の会 愉人  投稿日:2020年 5月 5日(火)10時45分7秒 zaqd37c3a05.zaq.ne.jp
返信・引用
  愉人です、皆さん、5月になりました、氏神様に、挨拶に行かれましたか。

コロナの感染が激しく成って来ています、医療現場で頑張って居られる方々、そしてそれらの人々に御守護、お仕組みを与えて居られる神々の方々に感謝申し上げます。

太古、日本の神代時代には神々と伴に人間が生活し、人々を護り導く事をしていたと、お聞きしています。

人々を護る事は、その肉体に居られる神を護る事になり、人々を護り導く事は神様に、つくす事に繋がって行くことを示されていました。

日本人は元々、人々の為、救い、導きを行う事を、身に付けて来ました。

その最たる行動が特攻隊の生き様だと、思います、家族を又、日本に居られる神々、人々を己の命に代えても、救いたい幸せにしたいと思う覚悟で行動されました。

福島の原発事故にしても、己を犠牲にしてまで人々を救いたいと思い行動されました。

日本人独特の、日本に住むからこそ、神々と伴に歩ませて頂き生きているからこそ、人々の為に行う事は、神々に対しての感謝の表れだとして、日本人は知らず知らずの内に人々の為に行動するのだと思います。

今、医療に従事する人々を護り導いて下さっている神々に感謝をしましょう。

又、神々に御守護の御礼と感謝を氏神様から伝えて頂く為に、ご挨拶に行きましょう。

皆さん、氏神様への挨拶大切ですよ。

 

/43