teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


武漢日記

 投稿者:裸坊達  投稿日:2021年 2月27日(土)11時56分41秒
返信・引用
  コロナの感染が心配な方
是非ご一読
読んでも安心にはならないけど
危機への対応のヒントにはなろう

作者の、周りでも多くの人が亡くなる
でも、皆お互い無関心ではない
亡くなった方も、多くは医療関係者、ボランティアの若者も多い
ほとんどの方は、感染しても早期の治療が受けられず、手遅れが原因
高齢者で持病持ちの方が特別な訳でもなさそう
90歳を超えても、無事退院してお祝いを受ける美談も
どうも欧米諸国のニュース解説とは違う
武漢では、最初から重症者優先の対策
でも、病院はどこも満杯
死者は治療の手遅れが原因、だから若者も多い
決して感染するなではない
そもそもPCR検査と言う言葉も出てこない
誰でも皆マスクをかけて頑張っている
感染者を最優先する適切な処置が、武漢勝利の一因だろう
日本も見習うべきこと多そうだ
 
 

神の祟り

 投稿者:志岐 明  投稿日:2021年 2月27日(土)11時08分48秒
返信・引用
  キャリー・バンクス・マリス博士? 知ってる?
アメリカ合衆国の生化学者。ノーベル化学賞の受賞者。それだけ?
そう、今新型コロナの退治の切り札として活躍しているPCR検査の生みの親。
二重らせん構造の発見をも凌ぐ大発明。知られてない方が不思議?
PCR技術の応用面にもずいぶん活躍されていたようだ。
ところがこのことは意図的に無視されている。何故?

その彼が生前、繰返し主張していたのが、「PCRは、感染症の診断に使ってはならない。」
ところが2019年、彼はカルフォルニアは謎の死を遂げる。
2020年、PCR検査は新型コロナ診断の世界的絶対基準に、
積極的疫学調査として、WHOも推薦し世界中にたくさんの感染者を造り出す

医療関係者は、感染症の診断に使うのはいいが、積極的疫学調査はやらないでくれと
ズット叫び続けているのに、PCR検査をどんどん増やせの声にかき消されている

医療崩壊が進んで、重傷者や死者の増加に繋がるだけだ。

米国では、死者が50万を越えた。第二次大戦の戦死者数を上回った。
マリク博士の祟りなのかもしれない。
 

日本は女性蔑視でない

 投稿者:裸坊達  投稿日:2021年 2月25日(木)21時39分27秒
返信・引用
  最初の天皇は女性。アマテラス? 卑弥呼?
日本の形を作ったのが、推古天皇や持統天皇。
男帝は脇役。皇室典範改正して女性優位にしよう。
森さん、ここまでやれば欧米も納得?
 

科学の力

 投稿者:裸坊達  投稿日:2021年 2月17日(水)09時49分35秒
返信・引用
  キリスト教の牧師が科学者に向かって叫んでいる。
「君は科学の力を信じないのかね?」

日本でのワクチン接種に当たって、最初に医療関係者が実験台に
かなり多くの医師達が接種拒否を希望。科学者なら当然のこと。
科学は疑うことから始ます。信じるのでなく納得し理解する事。

人の命を守る医師ならば当然の行為。
馬鹿マスコミは、当然強制的にでも打たせるべきだとか。
 

男女平等

 投稿者:志岐 明  投稿日:2021年 2月 8日(月)09時05分41秒
返信・引用
  オリンピック委員会での森さんの発言が、欧米流のフェミニスト集団から批判の矢に。
森さんの発言、多くの日本人の目(多分他のアジア・アフリカの国)から見見て
そんなに女性蔑視に見える?
そもそも、委員の男女比率の数値目標何て必要ないのでは。
そもそも男尊女卑の考えは東洋にも西洋にもあったかもしれないが、
全く異なった概念だ。欧米流の一方的な押し付けは、もう過去のものにしよう。
 

「白堊歌会RURU」2月作品

 投稿者:白堊歌会RURU  投稿日:2021年 2月 6日(土)21時42分26秒
返信・引用 編集済
  「白堊歌会RURU」 2021(令和3年)2月作品
※感想をこの掲示板にご投稿頂ければ幸いです。

死ぬまでは
生きるしかなく
やすらぎの
在宅勤務の
我《われ》サボリーマン
      村谷 尚

ことしは
曙光が
みえるのか
闇にまどう
ホモ・サピエンス
      田川宏朗

体温の上下に一喜一憂
平熱に戻り気づく
「平」の漢字の素晴らしさ
平熱、平凡、平穏・・・
冬の青空の美しいこと
      伊奈 裕

住む街に
ステーションワーク
設置され
社会の加速に
戸惑う吾か
      吉田美雅子

うす青く
幾重にも霞む
山々の
ひときわ高く
雪まとう富士
      ろろちち

春風に
向かって走る もんた
大きな耳を なびかせて
「おそいぞ」と
わたしを振り返る
      瀧津泉

水回りが凍り
ボイラーが壊れ
雨樋も壊れた
いまや雪は
ロマンティックでなくなった
      青山すみれ

青空の
エキスを集め
点滴し
宙の子に
なる
      山田武秋

カタバミの叢はキャノピーのように盛り上がり
イヌタデの花は茎まで紅い
早咲きの蔓日々草に
「つるさん、きれいだよ」
と、声をかける
      はま栗

水仙月の北国は
雪婆んごと手下が雪嵐をまき起こし
天地を青白色に埋め尽くす
夜の雲間を見上げると
冬の星座の冷たい光
      だいてんち

*次回は9月
 

ダボス会議

 投稿者:志岐 明  投稿日:2021年 1月23日(土)11時56分37秒
返信・引用
  ダボス会議

 この「The Great Reset」の行きつく先は、皆が貧乏になり、無国籍のフラット化されロボット化された人間の集団を富と権限を持った一部が治めるという世界デジタル共産革命である。

 covit-19恐怖をこれほど執拗に続けるのは当然、彼等の陰謀だろう。
 

上からの社会主義

 投稿者:裸坊達  投稿日:2021年 1月22日(金)14時41分41秒
返信・引用
  社会主義と言えば、革命やストライキ、住民運動と言った下からの改革と言ったイメージがあり、
多くの富裕層にとっては、著しく危険な思想と見なされていた。
しかし、グローバル社会の進展で、欧米等の先進国の労働者は雇用が亡くなり、
もし雇用があっても「やりがいの無いつまらない仕事したあり付けなくなって来ている。」

1%の超富裕層の多国籍企業にとっては、欧米先進国で、無能でプライドだけ高く高賃金を要求する
自国の労働者を雇うより、安い賃金でも有能でまじめに働く開発途上国??の人達の働いてもらった方が
遥かに効率が良い。つまり、自国の労働者は皆年金生活者にしてしまった方が世界の経済も
より活性化するぞ。
でも、現実には、開発途上国の生活水準は著しく向上して、
先進国と生活水準はあまり変わらなくなっているのが現実のようだ。
つまり、このプランが成功するかどうかは、欧米以外の国々の今後の動向が無視できない。
世界は何時までも欧米中心で動いている訳では無い。

私は、社会主義者ではないが、マルクスの予言は一理あるようにも。

個人的には、政府与党やマスメディアを全面信頼し、「パンとサーカス」の生活に99%の国民が
満足するような社会が健全な人類の未来像とは思えないのですが。ただ、いずれにしても
現在のグローバル資本主義社会が曲がり角に来ていることは確かだね。
 

籠城とペスト

 投稿者:裸坊達  投稿日:2020年12月22日(火)15時58分35秒
返信・引用
  モンゴル軍が籠城した敵の城の中に、ペストの死者を投げ入れて城を壊滅させた話は有名。
悪いのはモンゴル軍だけでなく、当時こんなこと平気で行われていたんだろう。

感染症の都市封鎖は、籠城とは真逆で、封鎖された都市内の総て市民は感染者予備軍。
だから都市内である程度の犠牲者が出るのは至極当然で、
ペストの時なら都市ごと焼却処分。武漢もこの理念だったろう。

一方の欧米の都市封鎖は何だ? 感染するなの籠城戦。在宅は個人的な籠城。
陽性率を隠していたので皆知らなかったけど、都市内は既に感染者が一杯。
幾らマスクして人との距離置いても、感染防ぐことなど土台無理な話。
だけどPCR検査しなければ気が付かず安全だと信じることもできる。

新型コロナで武漢が都市封鎖される前からコロナは既に欧米にも静かに感染していた。
 

世界戦争

 投稿者:裸坊達  投稿日:2020年12月22日(火)15時50分39秒
返信・引用
  新型コロナは世界戦争だ。2つの相異なる考えが衝突

A.新型コロナは人類を滅ぼす敵(サターン)。感染するな自粛を続けよ。
B.どんなウィルスも人類全体に拡散すれば、共生可能な普通のウィルスになるから愚劣な規制は止めろ

ところが、どちらの派も自説を証明しようと感染を拡大し続けるから感染は一向に治まらない。

A案なら:感染が拡大→規制を強めろ
B案なら;規制した→感染止まらず意味ない→もう愚策は止めろ

宗教優先派対科学優先。ところが宗教派は科学の仮面を被り続け人々を騙し続けて来た。
宗教優先派は、今は欧米の対米従属国だけ。米国だって半分は反対。欧州だっていま暴動。

科学派の巻き返し。ハイテク兵器PCR検査。陽性者どんどん増える。
陽性率(感染率)は増える。でも致死率は低下?重傷者はごく一部。
世界中で医療崩壊。これ指定感染症にする意味ある。ユビキタスだ。みんな一緒。
もう変に怖がるのは止めよう!
速くパンデミックは終了して来年はオリンピックをやりましょう。
 

「白堊歌会RURU」11月作品

 投稿者:白堊歌会RURU  投稿日:2020年11月 7日(土)12時58分4秒
返信・引用 編集済
  「白堊歌会RURU」 2020(令和2年)11月作品
※感想をこの掲示板にご投稿頂ければ幸いです。

夕焼け雲に沿うように
飛行機がゆったりと旋回し
コロナと熱中症の夏は
いつの間にか
秋へと変わったらしい
        ろろちち


目を閉じると浮かぶ
秋葉原のふれあい橋
夢中で歌を詠み
皆が燃えていた
あの頃、私も若かった
        伊奈 裕


十月に
咲きそろひたる
彼岸花
雨なき酷暑
凌ぎ赤冴ゆ
        吉田美雅子


黄葉ふりつむ静かな日々
遙かなる職員室
飛び交う若い先生方の会話が分からなかった
ホットサーティワンドルチェ
ダッフィー&ステラルー何ちゃら
          はま栗


コロナウィルスは
連れてくるだろう
ソーシャルディスタンスを
跳び越えてくる
うたびとを
         田川宏朗


私を
「きいちゃん」とよんでくれた父と母
今は亡く
「そうは言っても お義母さま」と
のし歩く 嫁がいる
         瀧津泉


I WANT YOUR LOVE
花金の

フェロモン
懐かしき女《ひと》あり
        村谷 尚


Once in a blue moon
ハローウィンの夜はブルームーン
天空より
地上の魑魅魍魎を
やさしく見守っていた
         だいてんち

*次回は2月
 

with corona

 投稿者:志木市住人  投稿日:2020年10月 8日(木)18時26分19秒
返信・引用
  マスクして笑顔を隠すミーテイング

満月や マスクをかけて 語りかけ

チャンと説明したはずだ しかし
マスクした 先生の声が聞こえない 教室の後ろの席では


外出時 マスク忘れて 後戻り


三密は 人物金の 集積地 過疎地には縁が無い

満月や マスクをかけて 語りかけ


感染すれば10万円もらえる 三密の場にセッセと通っても 簡単には感染できない


在宅勤務は良かったな 明日からは 見たくない 上司の顔
 

「白堊歌会RURU」9月作品

 投稿者:白堊歌会RURU  投稿日:2020年 9月 5日(土)12時14分39秒
返信・引用 編集済
  「白堊歌会RURU」 2020(令和2年)9月作品
※感想をこの掲示板にご投稿頂ければ幸いです。

ノーマスクは
契りなのか
部活Tシャツたちが
盛りあがる
駐車場
          田川宏朗


また鯉の
屍が浮かぶ
石神井川!
最後に見しか
ヘドロと青空
                村谷 尚


夜の観覧車
月の光に包まれる
夢のように過ぎていった
時間を思い
無言になる友と私
        瀧津泉


今朝もまた
見える筈のない朝陽が
向かいのビルの窓に反射して
熟睡できなかった不満を
いっとき相殺してくれる
        ろろちち


容赦なき
複合災害
窓を打つ
強き風雨に
たびたび目覚む
        吉田美雅子


お盆の前は
あちこちで
ウーウー グァーグァー
草刈機の音で
にぎやかになる
         青山すみれ


訪う家族もなく
静かな盆の夜
ペルセウス座流星群に
願かける
隣人の蜜できる
         山田武秋


片付けに追われ
今日もランチは
山田うどん
埼玉のソウルフードとは
いうけれど
             はま栗


心許ないリーダー
自己保身の医療官僚
市民に寄り添わない保健システム
官尊民卑の国では
自分の身は自分で守るしかない
          だいてんち


情熱をかけて
活躍していた
若き日の自分
鮮明に甦った記憶
あのとき私は主人公
                    伊奈 裕


*次回は11月
 

with corona

 投稿者:志岐 明  投稿日:2020年 7月28日(火)10時37分11秒
返信・引用
  天然痘は仏像と共に日本に広がった(蘇我物部の争い)
天然痘は宣教師と共にアメリカ大陸に広がる

新型コロナはPCR検査とマスクと共に世界中に広がった
PCR検査が増える→感染者が増える→マスクが増える→感染の恐怖増える→PCR検査増える→
どんどん大きくなる雪だるま
 

海洋汚染

 投稿者:裸坊達  投稿日:2020年 7月26日(日)23時14分40秒
返信・引用
  波に漂う 白い影 クラゲかな 岸にも沢山見つかるぞ
ペットボトルと一緒に 結構カラフルなふわふわした
昨年までは無かったのに 地上には 自ら口を覆う
変な類人猿達が急増 彼等の口から取り出された
非常に汚い汚染物 マスクだ マスクだ マスクだ
マスクをすると 心も 頭も 汚染されてしまうのか
見よ この海洋汚染 海はクジラや魚達の棲家
感染防止を謳うものが 自ら 海や川や大地を汚染させても良いのか
布製の口オムツ マスク マスク
口にオムツをしないと公共の場所に行くことも禁止されている
いま、地球を支配しているのは新型コロナウィルスか
或いは 新型マスクか 少なくとも人類ではない。
猿の惑星 マスクの惑星
人工衛星から見た地球は一面のマスクの海? マスクのせいで顔が見えない。
 

検査

 投稿者:裸坊達メール  投稿日:2020年 6月22日(月)09時33分54秒
返信・引用
  もし、PCR検査がなければ、新型コロナは生まれなかった
そもそもそんなウィルスの存在は誰も気がつかない
気が付かなくても誰も困らない
三密、濃密接触しても発症する人はほんのわずか
ほとんどの人は感染しないし、しても軽症
PCR検査がなければ,誰も気が付かない
人はコロナの存在すら気がつかない

抗体検査しても、ほとんどの人は陰性だ
感染してもほとんどの人は抗体が出来ない
抗体ができるのは重症化した人のみ
最近の研究で分かって来た

科学が進んでも検査で分かることは限られている
感染対策はペストの時代と比べてほとんど進歩していない

歴史は繰り返す
最初は悲劇として(ペスト)
その次は喜劇として(コロナ)
消毒してマスクして チンパンジーにも笑われる
 

チフスのメアリー

 投稿者:裸坊達メール  投稿日:2020年 6月18日(木)14時15分57秒
返信・引用
  チフスのメアリー

メアリーさんはチフスです。明るく元気で働いているメアリーさんはチフスです。
だから、隔離して閉じ込めないと。彼女は凶悪な悪魔で魔女です。周り重消毒しましょう。
PCR検査で陽性者は、社会の汚染物。絶対檻から出してはいけません。
陰性判定が出るまでは、絶対に隔離。絶対に感染してはいけない。感染者は社会の汚染物。
治ったからと言っても信用してはいけない。

朝日新聞の天声人語欄に「チフスのメアリー」の話の紹介があった。

「チフスのメアリー」は、100年以上も前の出来事で、歪曲と増幅、捏造などもありそのまま事実とは認定できない。本当は冤罪なのにたまたま感染経路と断定されてしまっただけかも。気の毒な人もあったものだ。人権侵害の見本みたいな話だ。でも、そういう人もあり得ることも分かって来た。
しかし、ここで問題視されているのは「健康保菌者」というものの存在。まさに、新型コロナがそのものズバリで、大部分の感染者が「健康保菌者」であり、感染者かどうかはPCR検査で陽性であることだけが判断基準らしい。昨日まで健康そのもので元気で働いていた人が、突然隔離され、総ての人権を剥奪され、帰らぬ人となる(多分院内感染)。感染者にとっては、あまりにも理不尽な世界だ。皆コロナに罹りたくない。新型コレラの致死率は、チフスと比べても著しく低い。誰も感染はそれほど恐ろしいものでないことは分かっている。でも、もし、PCR検査で陽性だったら? 社会の汚染物と見なされマスコミや世間から差別を受ける。友人達に多大な迷惑をかける。新型コレラそのものが巨大な歪曲と捏造なのかもしれない。
「健康保菌者」という者は、本来感染しても発症しない優れた遺伝子を持っている人達だから、絶対に差別をしてはならないはずだ。貴重な人材だ。どんな感染症も人類の60~80%が感染して抗体を有するようになれば収束する。感染者の致死率を下げることが出来るのは医療関係者だけだ。政治家に出来ることは多少感染の速度を遅くし(外出抑制)て医療崩壊を防ぐことだけ。
天声人語で、この話を紹介した意図は? 「健康保菌者」は危険だからしっかりPCR検査を沢山行えというなら本末転倒。マスコミはここぞとばかりに注目するが、感染者の数が増えること自体は何ら問題ではないはず。大部分は健康保菌者だから。問題は致死率(致死率=死亡者/PCR検査陽性者)が増加すること。医療崩壊を示唆しているから。院内感染や介護施設内での感染死亡者が増えてきている。
 

歌会コメント

 投稿者:裸坊達メール  投稿日:2020年 6月 6日(土)16時40分8秒
返信・引用
  村谷 尚様
米国の都市封鎖。結局人種差別が目的だったようだ。
コロナが危険は言い訳。日本の100倍もの死者が。
黒人の死亡率は白人の2倍。都市封鎖を解除せよ。
ニューヨークではマスクをかけたアジア人は攻撃の対象に
欧州でも移民の排斥が目的見たい。
stay homeで移民たちとは話をしない。

田川宏朗様
確かにペストの大流行はその後の社会を大きく前進させたね。
ルネサンスと産業革命。
コロナウィルスもきっと大変革を連れて来るだろう
グローバル経済の崩壊と強欲資本主義の終了
でもその後に来る社会は??
産みの苦しみは大変そうだ。

山田武秋様
自粛生活だからと草刈だけと言うのは??
私なんてマンション暮らしで庭が無いから草刈出来る人うらやましい。
元気出して下さい。植物が育つのを見るのは楽しい。
今は自粛でも人類の未来。そんなに捨てたものではないかも?


自粛に懲りずに皆さん奮って投稿しようではありませんか。
 

「白堊歌会RURU」6月作品

 投稿者:白堊歌会RURU  投稿日:2020年 6月 4日(木)12時34分51秒
返信・引用 編集済
  「白堊歌会RURU」 2020(令和2年)6月作品
※感想をこの掲示板にご投稿頂ければ幸いです。

こんなことになるとは
在京白堊会総会が中止
五月に上京予定なので
ゆっくり食事しましょうと
一月に電話で話していたのに
          青山すみれ


自粛・自粛に
屈する日には
ボリュームいっぱい
三田明の世界
嗚呼、気分はまだ青春!
                ろろちち


庭に咲く
霧島つつじの
濃き赤が
雨につや帯び
ひと際目立つ
        吉田美雅子


リモート会議で
仕事をしても
データは郵送だ
技術大国と威張るけど
ICTでは超後進国
          だいてんち



焼津港まで5000m
釣り竿の男が長い橋を渡ってくる
遠く草刈機のうなり
実り始めた枇杷の木々は
重たげに揺れる
           はま栗


何も植えず
何も作らず
ただ生えてくる草を
黙々と刈り続けるだけの
自粛生活の日々
         山田武秋


父が通った航空公園
何の木か みんな知ってた
座るベンチも決まってた
私もずーっと歩いていれば
いつかまた 父と母に会える気がする
         瀧津泉


戦後の苦労は
親が背負ってくれた
今度は自分が
光が見えるまで
辛抱強く頑張る
                  伊奈 裕



ペスト菌は
ルネサンスを連れてきた
コロナウィルスは
なにを
連れてくるだろう
            田川宏朗


米国の
コロナの屍は
有色ばかり
十万死しても
WASP騒がず
                  村谷 尚


*次回は9月
 

新型コロナウィルスからの警告

 投稿者:志岐 明メール  投稿日:2020年 5月16日(土)16時49分25秒
返信・引用
  新型コロナウィルスからの警告

我々は、既に世界中に感染を蔓延させている。人類とウィルスが戦争すれば、必ずウィルスが勝つ。人は死ぬがウィルスは死なない。もともとRNAの断片みたいなもの。
ウィルスと共生する以外に、人類が生き残る道はない。共生するには人類がある程度の感染を許容し、抗体を持って欲しい。そもそも新型コロナウィルスは人知れず静かに感染し、何事もなく感染が終わって欲しいと思っている。大多数の人は感染して一定の潜伏期間の間、大勢に感染を広げるが、本人は回復し検査すら陰性に。でも抗体があるので感染しなくなる。

一部体の異常を感じ、こじらせて悪くなり亡くなる方もおられるが、そこは医療の技術で対処して頂くしかない。でも、実際に死亡する人は9割以上お年寄りでしかも糖尿などの持病のある方。こういう方は、どんな感染症でも同じで感染しないように自らが自粛するしか方法がない。でも、実際にはその数はそんなに多くないのでは。従って、そのために子供や働き盛りの方が感染できる機会を奪わないで欲しい。
日本の医療関係者は、当初我々の意向をよく理解してくれて、ウィルスとの共生の道は大変うまく行っていた。なのに、オリンピックの延期が決まった途端、ファシストの側に寝返ってしまった。
欧米のファシスト達は、新型コロナウィルスは危険なものと勝手に断定し、徹底的に戦う道を選んでしまった。都市を封鎖して、stay homeやマスクを強制。強権発動の連発。その結果、逆に多くの感染者を増産し、多数の人々を収容施設に収容し密室内で死亡に追い込んだ。日本の50~100倍の死者数。ファシスト達にとって緊急事態は美味しい密だ。一度出された緊急事態は解除されず何時までも続く。
彼等は、PCR検査を犯人(感染者)捜しのために使った。潜伏期間の感染者まで掘り起こし、死に至らしめた。PCR検査は本来コロナがどうか確かめ正確な治療を行うためのもの。マスコミを利用した感染者を非難する恐怖支配。市民にはマスクを着けて「今が正念場」、「stay home」を連呼する。でも、これは緊急事態を続ける口実。感染の恐怖を拡大すれば、住民をコントロールするなど訳はない。感染が治まらない間はPCR検査を増やせば感染者は簡単に増加させられるかもしれない。まだ、時期尚早。良かった、更に延期だ。

ファシスト達は、これをコロナと戦っていると考えているようだ。感染を徹底的に防げると思っているか。マスクもstay homeも全く無意味。コロナウィルスに対しては丸腰と変わりない。籠城戦のつもりかも知れないが、兵糧攻めにはどう対処。経済は破綻、勤労意欲の低下、住民のモラル低下、精神病、虐待、DV、犯罪の増加。

マスクを外し、外出を認めなければ、新型コロナウィルスは危険なものとの考えが何時までも人々の傍から離れない。これは、人の心に住み着いた内なるウィルス。新型コロナウィルスよりも何千倍も恐ろしいウィルスだ。
終戦は見えている。ファシスト達は、敗戦を認めない限り、新型コロナウィルスは町も経済も、人の心も徹底的に叩き潰してしまうぞ。


**立場を変えれば、物の見え方が変わって来る。
 

レンタル掲示板
/12